June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ポートフォリオの活用  ポートフォリオの機能         鈴木 敏恵

ポートフォリオの活用 ポートフォリオの機能


      
ポートフォリオを活かし、思考する、判断する、行動する
       
ビジョンを描き・ゴールへ向かう
       
課題を見出し、情報を手に入れ、課題解決する
その思考プロセスをポートフォリオで共有する。

ポートフォリオの本質 ーー 大好きなモノや大切なこと、命注いだ日々をポートフォリオへ入れ未来へ!  鈴木 敏恵

< 大好きなモノや大切なことをポートフォリオへ入れ未来へ! >

 

 

 

山間の生徒17人の小学校でシアワセな一日

 

 

 


ポートフォリオめくりながら子どもたちへお話ししました
             .
夢のこと、ポートフォリオの作り方、建築が完成するまでに働いてくれている人たちのこと。みんなも大好きなモノや大切なことをポートフォリオへ入れ未来へ行ってね!と。
             .
子どもたちも先生方もこんな感じの大人に会うのはじめてか‥私のポートフォリオも、もちロボホンも至上最高にウケマシタ!
             .

どんな社会的地位のある人にプレゼンするより有意義に感じた、人生を一番価値あるものに使った気がした、ありがとう、忘れがたき日を‥‥

 

 

評価 への考察   「 レーダーチャート 」  鈴木 敏恵

レーダーチャート の無意識における捉え方

 

教育や人材育成の現場で、「レーダーチャート」で、評価の観点への到達度を見やすくすることがあります。それを当たり前のように一切の疑問を感じることなく受け入れ、活用することでいいのか? いくつかの課題を以下にあげたいと思います。

 

 

□  課題1ーレーダーチャートを見るとき、皆 外側、到達度が高い方がいいと見る

 

    無意識のうちに、全ての項目が、高い数値 外側に近い方がいい と見ないか?

    もし

   「個性」という視点で見るのであれば、お店により、際立つ特徴を表現するために

   突出しているところが違う!面白い と”全てが外側でない””ことがポジになる!

 

□  課題2ー レーダーチャートの項目の作りかた なぜその項目にしたのか?

        その項目(評価の観点)(の選択)がそこにあることは正しいのか?

         なぜその項目を選択したのか?

 

  * 例えば「出席度」と「論理性」は同列でいいのか?

 

□  課題3ー 一つの項目における「到達度」に根拠はあるのか?

      何を元に、根拠に、20パーセントとしたのか

      教師が学習者へ。学習者の自己評価。

 

□  課題4ー この項目(評価の観点)にない、特質、ずば抜けた才能、個性、などは見なくなる

 

□  課題5ー

 

未来教育 in 山口 ポートフォリオ プロジェクト学習 講演   会場:山口県 生雲小学校  鈴木敏恵

山口市でポートフォリオ講演
教育委員会指導主事、山口県生雲小学校校長先生、中学校校長先生‥みなさんへ

吉田松陰先生とロボホンと記念写真。 山口県の校長室ならでは!

 

 

 

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop