August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

課題解決ツール   配布/未来教育プロジェクト学習 ポートフォリオ活用 /全国大会 鈴木敏恵

講演会
8月10日(土) 未来教育プロジェクト よろしければぜひ!

特別ゲスト:辻村 哲夫先生 
学習情報研究センター理事長/文部省初等中等教育局長など歴任
主講師:鈴木敏恵
講演資料として『すぐ使える 課題解決ツール』配布資料とします。とても役立ちます!
http://suzuki-toshie.net/news/2602/

 

プロジェクト学習 島根県立飯南高校 素晴らしい学生さんたち!      鈴木敏恵

画像に含まれている可能性があるもの:鈴木 敏恵、スマイル

    

鈴木 敏恵

画像に含まれている可能性があるもの:2人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、室内画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト画像に含まれている可能性があるもの:鈴木 敏恵、スマイル、座ってる、立ってる画像に含まれている可能性があるもの:1人以上画像に含まれている可能性があるもの:2人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、眼鏡画像に含まれている可能性があるもの:2人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイルケーブルテレビのカメラマンさんと 。
帰りに校長先生はじめ皆さんに送って頂きました本当に本当に良い日をありがとうございますすごくイケてる高校生達でした!画像に含まれている可能性があるもの:7人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)

一般論にあわせない 一般論に自分をあわせない と言うか、その前に 様々なものが多様化しているいま”一般”ってあるの? 鈴木敏恵

 

一般論にあわせない

一般論に自分をあわせない

 

と言うか、その前に

様々なものが多様化しているいま”一般”ってあるの?

 

 

というか、いま一般ってあるの?

(一般論とは‥    広く全体に共通して認められ、行き渡っていること。)

ポートフォリオ・プロジェクト学習 目標管理を学ぶ  管理者研修  鈴木敏恵

                    

2019年度 第1回看護管理者研修会

〜鈴木敏恵先生講演〜

日時:2019年6月15日㈯ 13:30〜17:00

場所:多目的ホール

テーマ:「ポートフォリオ・目標管理を学ぶ」

ねらい:看護管理者の視点で、ポートフォリオ・目標管理を学び、部署に生かす

山梨厚生病院

ルーブリック評価のジレンマ            鈴木敏恵

定型や評価基準で測れる能力やスキルはデータ化しやすくAIロボテックに移行可能。学習到達度の評価基準 ルーブリックは、とても役立つ。しかしルーブリックのみで評価できるような能力やスキルがもしあるとすれば、それは近い未来、人間でなくとも果たせるもの‥このパラドックス

 

東邦大学/『国際看護師』を目指す 学生さんたちへプロジェクト学習     鈴木敏恵

『国際看護師』を目指す 学生さんたちへプロジェクト学習

楽しい&充実の時間 ありがとう!

大好きな先生二人と。

みな素敵な笑顔です!楽しい時間をありがとう!

 

東邦大学

 

AIと人間の未来を考える    鈴木敏恵

「AIに出来なくて人間だから出来ること」という言葉使うけどいつもためらう。  
          .
”出来る、出来ない”が人間の存在価値ではないからだ。

AIに出来なくて人間だから出来ることって表現がすでに違う    鈴木敏恵

 

「AIに出来なくて人間だから出来ること」という言葉使うけどいつもためらう。
”出来る、出来ない”が人間の価値ではないからだ。

プロジェクト学習 フェーズと「身につく力」   鈴木敏恵

 

• シーンや段階を踏んで学生たちが力をつけていかなければいけない。

 

そのためには、学習者が自らなんのためにどこまで何をやり遂げたいのかという目的、目標を明確にして向かうことが必要となります。この目的、目標を明確にして向かう学びが私が提唱している次世代プロジェクト学習です。

プロジェクト学習の最大の要であり核となるのはビジョンとゴールを明確にできること。 ゴールシート     鈴木敏恵

プロジェクト学習において

すべての要であり、核となるのは、ビジョンとゴールを明確にできること。

 

具体的なふるまいとしては「ビジョンとゴール」を書く『ゴールシート』を書けることと言えます。

 

<ポイント>

『ゴールシート』を書きましょうと伝えるだけではまったく足りません。

 

『ゴールシート』が書けるための思考プロセス、戦略的な手順を知っていること

『ゴールシート』が書けるための思考プロセス、にそった「対話コーチング」ができること

 

[PDF]ゴールシート
http://suzuki-toshie.net/mm-images/GOAL-SHEET.pdf

東京都立広尾病院  ドクターヘリ    鈴木敏恵

今年のこと、講義後 空から爆音、見上げました。ヘリ 胸がグッとなる

「地域課題に取り組む」「社会的な課題‥」が学校で均一に流行りすぎかな    鈴木敏恵

「地域の課題に取り組む」「社会的な課題‥」があまりに流行りすぎよほど戦略的に展開しない限り観念的、抽象的‥ 一般的な内容の提案って、しないと同じ、そこに成長は望めない、モチベーション持たない。
         ・
市から講師を招く‥地域の現状や課題を聞く、油断すると学習者たちは単一のその情報源だけで考える、、ほぼほぼ人口減、高齢化・働き手の不足‥日本中ほぼ同じ。国全体で課題としていること。よほど戦略的に学校でしないと抽象的なアイディアをポスター提言することですませてしまうことになる。
         ・
プロジェクト学習は、するならするで本気で戦略的に。
現実から自ら得た根拠ある情報を元に、具体的で実行可能な提案でない限り‥何より彼らの力にならない。


         ・
バクっと社会的な課題に向かうより、自分の目で見た、会った、そこに生きる人、たった一人でいい、その人をつぶさに見る、その生活を知る、徹底的にする、その人の課題を解決することはできなくてもいい、ささやかでも現状よりよい方向へ向かうことができる現実的で本当に行動できることを手順をふんで、本当にできるか、自分たちで確認すること、その上での提案であること。

いつ?、その人や地域から見てどんなタイミングで?
どこで? その社会施設どこ? 他にはないのか?
どんな準備がその前にいるのか‥‥等々

AI時代の教育 /細分化された評価項目、定型、標準化できる教育内容は、いずれ AI・テクノロジーが担う。          鈴木敏恵

細分化された評価項目、定型、標準化できる教育内容‥これからあやうい。それらはデータ化=AIやテクノロジーが得意なこと(=人間でなくてもできるようになる能力)だから

教育のあり方         「学力革命! ---鈴木敏恵(未来教育デザイナー)」の章 鈴木敏恵

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vofm7Cx0L._SX344_BO1,204,203,200_.jpg?fbclid=IwAR0cYmT-xNqeFIUDwZzcyUI4I0adWOcnXwmFfBtZh93lDc2c7jrZ9nfB4iQ

書籍『この国の教育のあり方』
.
いま考えるとよくわからないタイトルですが、「学力革命!
---鈴木敏恵(未来教育デザイナー)」の章 担当。

(鈴木敏恵キャリアポートフォリオより)

AI時代の教育          鈴木敏恵

AI時代の教育*:.。. .。.:*・゜
AI・ロボットなどテクノロジーが果たせることはテクノロジーに任せ、人間は人間ならでは人間にしかない価値ある能力が身につく教育‥ここに応える考動知性を高める次世代プロジェクト学習

ドクターヘリ  隠岐の島←→島根県立中央病院      感謝!  鈴木敏恵

講義後この建物から出てすぐに真上の空から爆音、見上げました。ヘリ確認で単純に感動「 たった一人を助けるために‥‥」

隠岐の島←→島根県立中央病院(写真:島根県立中央病院FBより)
.
どう計算しても、Drヘリとか元は取れない、、けど!経済合理性は大事だけど、それだけが価値観なら、AIやロボットだけでいい。ソントクじゃない未来を選択する人間たちだから、この世界は魅力的でワクワクなのだ!

 

学校の情報環境、インテリジェント化の企画構想から設計、具体例までスクールFMの章を全て執筆。 鈴木敏恵

 

写真の説明はありません。

学校の情報環境、インテリジェント化の企画構想から設計、具体例までスクールFMの章を全て執筆。

ファシリティマネージメント 高度情報化時代の教育環境(企業、学校、病院/特集)/執筆 鈴木敏恵(キャリアポートフォリオ黎明期 から)

 

<<back|<12345678>|next>>
pagetop