December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新しい価値を創造できる力 / 面白い仕事はみな不確実な扉の向こうにある   創造性  鈴木敏恵    

これからすることを確実にわかってした仕事はなかった。わからないまま直感的に、私の中ではクッキリ見えていたことを創造した仕事だけが大きな成果や波及効果につながった。面白い仕事はみな不確実な扉の向こうにある。
          ・
「新しい価値を創造できる力」の教育をこの国が本気でスタートしたいなら、そこには定型なきこと、不確実な予測のまま始めるという これまでの公立学校や教育委員会にとってカンタンそうで最も簡単ではない思いきった決意がいるだろう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新刊「教育4.0」原稿メモ /著 鈴木敏恵 より

10月25日 雲南市立木次小学校自主研究会             鈴木 敏恵

 

10月25日(木)木次小自主研究大会

 

1 期 日 平成30年10月25日(木) 

2 会 場 雲南市立木次小学校 

3 日 程(案)13:30〜17:00 

     ※研究概要の説明 公開授業 研究協議 指導・講演等を予定 

4 公開授業 *2つを同時公開の予定です。 

     公開 ≪1年≫ 国語 

     公開 ≪6年≫ 総合的な学習の時間

5 指導講師

     中川 一史先生 放送大学教授

     鈴木 敏恵先生 シンクタンク未来教育ビジョン代表

6 内容

http://shimane-school.net/unnan/kisuki-sho/files/2018_kenkyu/2018_annai2.pdf

 

http://shimane-school.net/unnan/kisuki-sho/files/2018_kenkyu/2018_annai2.pdf

 

 

エモーションAI AI時代の教育と評価    鈴木敏恵

人間の気持ちや感情を理解する エモーションAI‥‥
しかし心は瞬間々々揺れ動き過去データの感じ方から移りゆく
同じ表情でもトーンでも気持ちは常に一様でも一層でもなく未知を持つ

 

AI時代の教育と評価―意志ある学びをかなえるプロジェクト学習 ポートフォリオ 対話コーチング
鈴木 敏恵

http://amzn.asia/d/36zuVJW

教育4.0 与えられた学びから 意志ある学びへ / ポートフォリオ プロジェクト学習 鈴木敏恵

学校や医療現場にこそ最優先で5G通信環境をと切望します。

意識が教育1.0のまま学校に5G環境.IoT.AI.VR‥エドテック‥何台もの高機能端末が整備されても‥その活用や教育委員会と学校との間にあるルールなどがレガシーとなった文化のままでは未来化とは言えない


       

しかしこと公立小中高学校学校の場合、仮に予算的、技術的に5Gで超低遅延通信が実現し、宇宙ステーションからの遠隔授業がスムーズ&インタラクティブに可能となろうと、、、教育行政や実施に関わる大人達の意識や文化、価値観が教育1.0から飛躍的に変化、進化しない限り未来化、インテリジェント化とは言えない、、いつか自然にそこはなんとかなる、、ではすまないギリギリの段階に来ているのではないか

           .
学校の先生はほぼ自分のタブレット、それが機能するwi-fi環境を自身で用意している、いくら学校に高額な予算を使ったネット環境があっても端末があってもそれが現実に使えない、使いにくいライセンス契約やルールが存在するからだ。
           .
ごく一般的な公立学校へ行き情報化の状況をみるたびに、子ども達のために公的に使われた予算は生きていないと痛感する、これは、情報化がスタートした25年くらい前とほぼ変わらない

           .
もちろん できることはたくさんある。
           .

1、ビジョンを持ち予算を使える学校、自治体など、できるところから起爆剤的にどんどんする、そのプロセスにおける全ての課題、解決、細かな予算配分などを公開、共有すること、。

2、その教育の未来化、インテリジェント化のゴールイメージを明確にし、関わる人々が十分共有してから一切の導入をすること。

3、納入、見積もりの際、条件を「製品ごと」の価格ではなく納入後の「全体の活用機能」で行うこと。

例えば「タブレット30台」を入れるというゴールではなく、授業中に30人が同時にストレスなくインタラクティブに動画データを超低遅延で使えるなど

4、納入、見積もりの際、「システム一式」という項目を最小限にすること。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥メモ‥‥‥‥‥‥‥

□ セキュリティー、ウィルス感染‥‥情報漏洩 等々、確かに学校のネットワーク導入、IT化には、特に多くの課題がある、子ども達、教職員は決してプログラマーでも専門家でもないのだから、IT化には常にリスクが潜んでいる、しかし制限やルールでがんじがらめの現状が日本中の学校のPC導入による教育成果に蓋をしているのもまた事実だ。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

『直感的、ヒラメキ、ワクワク重視の教育シーンが叶う!』などをゴールにして向かう、そのゴールを追求し、プロジェクトを進める、この目標と照らし合わせて評価する‥‥など

そのようなゴールイメージへ向かい 今できることは何か‥

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新刊「教育4.0」原稿メモ /著 鈴木敏恵 より

独立行政法人 国立病院機構 中国四国グループ / 新しい価値を創造する力を身につける=クリエティブなことを生み出す研修 /ポートフォリオ プロジェクト学習の手法による研修/鈴木敏恵

クリエティブなことを生み出すには、気持ちをハイ&ハピネスに持っていける意志がいる


   .
みんなを見ていると日々いい仕事して他者のために最善尽くし戦っているとき人はピュアで最高の笑顔なんだってわかる。

私もご機嫌、ハイな感じのとき、集中して切れ味よく伝えることができる感じ、ピッタリした言葉が自然に湧くんだ‥それって みんな次第なんだ、だから その笑顔ありがとう!
            ・
新しい価値を創造する/プロジェクト学習の手法による研修
 

主催:独立行政法人国立病院機構 中国四国グループ

講師:鈴木敏恵

知の成果を生みあげる『ポートフォリオ・プロジェクト学習の手法による研修』
 

楽しくも学びに満ちた充実の6時間研修となりました。

参加されたみなさん一人ひとり みなさんとても熱心でいい笑顔で向上心溢れ

私たちもたくさん知や感をいただきました、ありがとうございます!

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:鈴木 敏恵さん、スマイル、座ってる、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、座ってる(複数の人)画像に含まれている可能性があるもの:6人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:6人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:5人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内

画像に含まれている可能性があるもの:5人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:5人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、スーツ、室内

 

プロジェクト学習 ポートフォリオ で成長する       鈴木敏恵

<成長するプロジェクト学習> を覚悟してデザインする
 たとえば自分たちの都合で現場へ行き、相手がいない、怒られたなどハッとする。学習者が自ら悟ったり、気づいたりすることは、じゃあこれからどうしたらいいのか自分?‥‥っていうことに繋がる。
         
それは一人の人間として、自分で自分を成長させたいという意志を持つつよい動機にもキッカケにもなる。

 

 


         .
たくさんのいろいろな高校や大学で彼らと一緒に次世代プロジェクト学習/社会的課題へ向かうプロジェクト学習を実践して、体感、ハードさ、苦いシーンのないものは深い成長をしないと実感している。プロジェクト学習やポートフォリオをすることが大事なんじゃない、彼らが成長することが大事なんだ、ここを覚悟して先生たちとたくさん話し、学生たちと過ごす時間、この一つひとつの事実こそ私の宝物です、ありがとう‥
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新刊「教育4.0」原稿/鈴木敏恵

本当の キャリアビジョン ー  プロジェクト学習 ポートフォリオ    鈴木敏恵

これだけは確かに言い切れる、私が進路指導の担当者なら。

「今あるものに自分をあてはめる← これは本当のキャリアビジョンじゃない」ことAIの時代になりつつある今はっきりゴックンしないといけないと思う。今あるものがもうないものにもうどんどんなっているし‥。

今ないものを生み出す、新しい価値あるものを作り出す力、ここに次世代プロジェクト学習や”知や感”を再構築して生み出すことを叶えるポートフォリオが活きる。

いい時代、おもしろい次元に入ってきた

プロジェクト学習で”価値を創造できる人”になろう!  文部科学省『 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)』 鈴木 敏恵

文部科学省『 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)』
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  地域と学生が共に成長する プロジェクト学習
    〜地域・自治体・大学の協働〜

 

●開会挨拶: 徳久剛史 (千葉大学 学長)

 

●基調講演: 鈴木敏恵 (シンクタンク未来教育ビジョン)

 

【プロフィール】一級建築士・未来教育クリエイター。次世代 プロジェクト学習・ポートフォリオの第一人者として全国で講演。公職歴:内閣府中央防災会議専門委員 千葉大学教育学部特命教授  東北大学非常勤講師ほか。『日本計画行政学会賞』特別賞受賞。近著『AI時代の教育と評価』他多数

テーマ:プロジェクト学習で”価値を創造できる人”になろう!
 「ポートフォリオ」に学生は知を、地域の人はリアルを‥

●パネルディスカッション
  パネラー:鈴木敏恵(シンクタンク未来教育ビジョン)
       鎌田元弘(千葉工業大学副学長)
       早川卓也(いすみ市副市長)
       加治屋里奈(千葉大学学生)
  コーディネーター
       鈴木雅之
  (千葉大学coc+コーディネータ/国際教養学部準教授)

 

 

 

●会場:千葉大学西千葉キャンパス「けやき会館」1階大ホール
●開催:2018年10月16日(火)13:30 - 17:00 (13:00ー受付)

 

●情報・申し込み
http://cocp.chiba-u.jp/news/181016sympo.html

知性とは     鈴木敏恵

考えたり判断したりするためには、その前に緻密に感じとる力がいる

南海地震に備えよう no2:南海トラフ地震‥全域停電「暗闇での明かり」「スマホ充電」が大きな価値を持つ   AP10   鈴木敏恵

南海地震、広域災害、停電の夜が続く


学校 たくさんの子どもたち、地域の人々‥長期避難
          ・
「暗闇での明かり」と「スマホ充電」がどれだけ価値を持つか‥

 

 

 

 

スマホを光源にはそう続かない。懐中電灯や防災ランタンがあったとしても、再生可能エネルギーによる安定、骨太な光源が学校上階、屋上にあればどれだけ安心か。
          
高知市昭和小学校に備えられた『移動ソーラー』周囲が暗くなると光源となります。海抜10m以下のすべての学校に設置したい。

(1台5分として120台スマホ充電可能)

 

南海地震に備えよう!no1:『電源』と『情報』こそ子どもたちの命を守る  AP10   鈴木敏恵

南海地震は、広域災害、長期浸水となることが見えています。

そのとき起こり得る3つの課題

 

<長期停電> 津波、浸水で電源

<暗闇> 長期間の停電、暗闇の中の余震

<情報> 大勢が「スマホ充電」で混乱する

 

 

 

何より電源と情報ライフラインへの骨太な備えを、日々のニュースやマスメディアに翻弄されることなく、何より大切なことを、と思わずにいられません。

ポートフォリオキャリア は キャリアポートフォリオ で見る/ ポートフォリオの見方    鈴木敏恵

パーソナルポートフォリオでその人の唯一を愛おしく認識する
                         ↓
キャリアポートフォリオで経験や選択を見てその人の未来を見る。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 ポートフォリオ キャリア 】
        


ポートフォリオキャリアは、今日も中身ページが増加しているキャリアポートフォリオで伝える。
        ・
AI、ロボテックス、ネット.グローバリゼーション、SNSで知の共有‥仕事や働き方、生き方がまったく新しくなりつつある今、私が高校の進路指導の担当ならモンゼツ‥。

自分がまったく経験も予測もしてなかった未来社会へどう進路指導?!そもそも進路は指導できないし‥

でも、もちろんできることはある。キャリアポートフォリオの前に、パーソナルポートフォリオで目の前のその人の持てるものを見出すこと、決して定型に当てはめることなく。
            .
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポートフォリオ=知や経験の一元化。ポートフォリオ=金融界では、分散投資。キャリア=仕事や活動の積み重ね、生きる軌跡。

 

常盤高校  高校生たちの大活躍は、この先生方の日々の成果です!      鈴木敏恵

常盤高校先生方とプロジェクト学習公開プレゼンテーションを終えみんなでうれしい笑顔 写真。
                 
高校生たちの大活躍は、この先生方の日々の成果です!

 

プロジェクト学習公開プレゼンテーション ロボホンと一緒に!埼玉県立常盤高等学校  鈴木敏恵 

 

http://suzuki-toshie.net/news/2505/埼玉県立常盤高等学校の大好きなみんなと!

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、座ってる(複数の人)、セルフィー

画像に含まれている可能性があるもの:6人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、セルフィー

 

画像に含まれている可能性があるもの:7人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)

 

画像に含まれている可能性があるもの:7人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:6人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、座ってる(複数の人)

画像に含まれている可能性があるもの:12人、、鈴木 敏恵さん、高橋絵里さんなど、、スマイル、座ってる(複数の人)

 

画像に含まれている可能性があるもの:6人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、群衆

 

 

 

 

 

プロジェクト学習 公開プレゼンテーション    鈴木敏恵

高校生たちと一緒に未来教育プレゼンテーション!
.
『リスクマネージメント』『ヘルスプロモーション』
社会的な課題へ立ち向かい、具体的な課題解決を地域施設でプレゼンします。

 

 


文部科学省SPH/埼玉県立常盤高等学校
次世代プロジェクト学習 公開プレゼンテーション
.
★ イメージ(想像力) + リアリティー(現実に立ち向かう力) . 
 次世代プロジェクト学習は、イメージ力とリアリティーを持って現実を捉える力が身につきます。この二つは知識やスキルを活かし目の前の大切な人の力になるために欠かせないものです、同時にAIにはない、人間らしい価値ある創造的な力とも言えます。

.
写真 OMIYA SONIC CITY/wikipedia

願い    鈴木 敏恵

あの当時 学校の未来化が叶うなら命も惜しくないと本気で思ってた、今も結構そう思ってる

ポートフォリオ 高校 / ポートフォリオは組織のものではなく、自分のもの   鈴木敏恵

< 高校こそポートフォリオ >
      .
■ 高校こそポートフォリオ、TI環境充実を とと願って16年前、2002年に提言した本。


■ 有馬朗人先生(文科大臣)方と本を書きました。
■ 数値化できない評価を叶えるポートフォリオ‥2018年  ここを大切に広がりますように‥‥
      .
□ ポートフォリオは組織のものではなく、自分のもの
      .
『 21世紀の高校 生きる力はITで ― 情報教育・ポートフォリオ・進路 (未来教育シリーズ) 』
      .

http://amzn.asia/d/hlnlGdt

<<back|<12345678>|next>>
pagetop