July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

日本教育新聞 2013年3月13日 未来教育シェイクアウト

PC・スマホ・タブレット等を活かす「未来教育シェイクアウト」どこでもいつもの仕事をしながら参加できる避難訓練です!

実施日時  2013年3月13(水)14:30〜16:00


その瞬間の行動をフィードバック・共有し避難力をあげる!


日本列島一斉避難訓練(シェイクアウト)プロジェクト


 
 


申込:mirai.bosai@gmail.com

   件名「未来教育シェイクアウト参加希望」氏名、所属、連絡先(e-mail) 





←クリック 内容説明

詳細情報↓

http://miraikyouiku.jugem.jp/?eid=310







主催:シンクタンク未来教育ビジョン(文部科学省H22『確かな学力』事業採択団体)

後援:日本教育新聞社


■ 参加対象:学校教育・医療関係者・自治体など

 (校長、教職員、看護師、薬剤師等) 「大切な人を守る立場の人」を参加対象としています。


■ センター機能:明治大学 

 

【 概要 】 

地震発生その瞬間、子どもたちや患者さんなどを守る指導的立場にある教師、医療関係者を主対象に日本全国の学校、病院などを対象に同日同時刻で日本列島各地で一斉に防災訓練を行う。その瞬間の行動を記録し、参加者全員でフィードバックする。他者の行動を見ることによって自分の行動と比較し客観視することでより、避難の課題発見が実現する。シェイクアウトで終わらせない、ふりかえりと共有により進化する防災訓練を実現する。


【 3つの目的 】

◇ 大切な人たちを守れる「避難指示」や「行動」への避難課題を発見し、改善する。

◇ 他者比較により各自の学校や病院における「防災マニュアル」の見直しと改訂に繋げる

◇ 管理職・指導者層へ新しいメディアや情報活用による防災力を高める

 

【 3つの特徴 】

◇ 日本全国で一斉同時に避難訓練(シェイクアウト)を実施する

◇ 学校や病院など「大切な誰かを守る人」を主対象とする

◇ webを活用し情報メディアを活かしフィードバック・共有し課題発見する

 

【 背景・必然性】

参加者は、 学校の校長、教職員、病院の看護師など『自分以外の誰かを守ること』を使命をもつ人を対象とする。学校の教職員、病院の看護師などは、平素より自分だけではなく「子どもたちや患者」など「大切な人を守る」ことを使命とする仕事である。

 

災害発生時には自分だけではなく、他者を守るための指示や視点など、その立場、使命における独自の防災意識や避難行動を身につける必要がある。(自ら考え判断行動できる避難力が誰しもに必要であることは昨今の避難訓練の潮流ではなるが、低学年の子どもたちや患者は災害発生時、誰かの指示や庇護を必要とすることも忘れてはならない。)学校や病院の教師や看護師たちはここに対応できる必要がある。

 学校や病院は、教室や病室が多く「情報遮断空間」とも言える状況下にある。教師や看護師の仕事は「人」と対座することであり、ほかの多くの仕事のようにPCやメディアと直面する時間はそう多くない。一方、災害情報はその事前、最中、事後をも含め、「最新の情報メディア」の活用が必須である。今回、情報メディアを活かす避難訓練はここへも対応し参加者のメディア活用スキルを向上させることにもなる。


【シェイクアウト】とは、アメリカで考案された新しい防災訓練。自治体などが主体となり地震発生の情報伝達のもと様々な人たちが様々な場所で、一斉に基本的な安全行動を­とるもの。

【未来教育シェイクアウト】とは、日本中の学校教師や看護など"大切な人を守る人"を対象に、地震発生から津波などを想定し、その瞬間から10分間の避難行動を記­録したものをフィードバックしてもらう、それを参加したすべての人が共有できるようにするもの。各自の避難の課題を発見しさらに進化させ、子どもたちや患者さんたちを守れる避難を目的とする。

 クリカ説明書
◎ 未来教育シェイクアウト/日本列島一斉避難訓練『クリカの使い方』動画説明



  

【企画構想プロデュース】 鈴木 敏恵

シンクタンク未来教育ビジョン 代表 日本赤十字秋田看護大学大学院非常勤講師/千葉大学教育学部特命教授/一級建築士(Architect/設計思想)教育設計者//公職歴:内閣府中央防災会議専門委員(避難)(人材育成)/政策審議会気象分科会臨時委員国土交通省気象庁/総務省消防大学校幹部科 講師


未来教育シェイクアウト振り返りシート 鈴木敏恵

 
未来教育シェイクアウト振り返りシート 



未来教育シェイクアウト振り返りシート

放送大学千葉学習センター・特別公開講演会 11月30日 [新しい防災教育と避難] 思考力、判断力、言語活動を高めるプロジェクト学習とコーチング 鈴木敏恵

 放送大学千葉学習センター 特別公開講演会
    11月30日
  新しい防災教育と避難

〜思考力、判断力、言語活動を高める
          プロジェクト学習とコーチング〜



講師:鈴木敏恵氏

後援:千葉県教育委員会

会場:放送大学千葉学習センター

グラッ!その瞬間、主体的に避難できる力が身につく防災教育。思考力、判断力、行 動力に応える新しい教育手法プロジェクト学習とコーチングが修得できるワークショップ と図上演習。課題解決力を高め「言語活用の充実」学力向上にも有効。小中学校教職
員員・安全教育指導者など”大切な人を守りたい人”に役立ちます。


申込み先:千葉市美浜区若葉2-11
放放送大学千葉学習センター
TEL. 043-298-4367 FAX. 043-298-4386
E-mail. chibagaku_soumu@ouj.ac.jp
[参加費無料]あらかじめお申込みください




ポートフォリオで目標管理 鈴木敏恵

島根県立中央病院 患者さんのために 地域のために
学ぶ続けるすばらしきみなさん!


 ポートフォリオで目標管理をすれば、一人ひとりのアイディアやコツコツと
患者さんのために大切なことをしてくださっている内容を顕在化・知の共有できる!
スタッフの目標は地域や患者さんへのシアワセを目指すものだから!みんなから内容が役に立ったよ!とありがとう!の拍手!

進行・講師:思考プロセスとコーチング/鈴木敏恵
<<back|<239240241242243244245246247>|next>>
pagetop