June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

大学「普遍教育にてプロジェクト学習」ティーチング・ポートフォリオ no.1/鈴木敏恵



…意志ある学びーこの世は「知の果樹園」  鈴木敏恵


 いろいろな種類の桜があふれるように咲くキャンパス
 いろいろな表情、まっすぐな眼差しの若者たちとの出会い
テキスト
『プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく


<意志ある学びーこの世は「知の果樹園」>  鈴木敏恵

■ 第一回目の講義
□ この世は「知の果樹園」ということ。
□ ポートフォリオは自ら手を伸ばし得たリンゴを入れるもの

□    意志ある学び こそあなたに未来をつれてくる 
□   プロジェクト学習とは、目的と目標を自ら明確にして向かうもの。
□  ポートフォリオは、目標へのプロセスをいれるもの。
□  ポートフォリオとは、バラバラの情報を一元化するツール。作品集。
□  一元化すると価値がみえる。俯瞰できるから。

□ 資格、スキル、スペック、学習歴、経験…それを「なにに活かしたか」をポートフォリオに入れます。
□ この世界に何人いても、たったひとりしいないあなたのもてるものは、スキルや資格をこえる。
□ 心とふるまいが一致できる仕事ができたらいいな 

□  毎回りんごを獲得してドアをでるようにしよう。
□ 今日あなたはどんなリンゴを手にいれましたか?

鈴木敏恵「千葉大学普遍教育 木3講義俯瞰」



鈴木敏恵「千葉大学普遍教育 木3講義俯瞰」ポートフォリオ・プロジェクト学習による展開となります。

「三井記念病院 ポートフォリオ活用動画/鈴木敏恵 未来教育研修 講師」 鈴木敏恵

三井記念病院 ポートフォリオ活用動画/鈴木敏恵 未来教育研修 講師


  三井記念病院看護部は新人育成にポートフォリオ導入

  意欲あふれたすばらしき新人がたくさん集まります。


「ポートフォリオ教育が魅力で決めた!」と

        笑顔で手をあげてくれた新人看護師たち ↓

 


未来教育プロジェクト・ポートフォリオで新人研修を例年、鈴木敏恵が講師をしている東京の病院。当初から継続的にポートフォリオを指導アドバイスさせていただいているところです。
 

楽しいワークショップ:チームで知恵や工夫を集結!

研修後、輝く笑顔の新人看護師さんたち。

2012.4.6 鈴木敏恵による新人研修にて

◆ ポートフォリオが前向きてすてきな新人の心を成長へ誘う 
 今年も4月6日にプロジェクト手法によるワークショップ構想&講師をしました。
 例年、前向きでイキイキした新人さんたちです。今年は、さらに一層モチベーション高く、自分の頭で考え、他者とゆたかに対話でき、課題解決力の高く、向上心の高い方ばかり。ここを選んだ理由が、本質的なポートフォリオ活用、プロジェクト学習などで自分が成長できそうだとおもったからということでした。とてもうれしいことでした。



ポートフォリオ研修
http://dcms.gxp.jp/mitsuihosp/nurse/syusyoku/kyoiku_kensyu/portfolio.html
医学書院 記事
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02884_01
医学書院 書籍
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=58228
 

教育デザイン…「理念と目の前の現実をリンクさせる」医療者・薬剤師

心ある医療者育成への教育デザイン
 

文科省/日本薬学会薬学教育委員会は「求められる薬剤師像とその責務()」を作成している。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/47/siryo/attach/1315590.htm

┌─────────────── A ───────────────────────────────┐

豊かな人間性と医療人としての高い使命感を有し、生命の尊さを深く認識し、生涯にわたって薬の専門家としての責任を持ち、人の命と健康な生活を守ることを通して社会に貢献する。

└───────────────────────────────────────────────┘

 多くの現場の誠実なプロは、Aを知らずしても、

 心込めて目の前のたったひとりを大切にいつくしんでいる。

 たとえ多忙さなどで そうできないときでも、そうでありたいと意識している。

 

 つきるところ人間として「どう生きるか」ということ…。

 それって教育できるの?

 アタマとふるまいってそう容易く一致するの?

 教えたらそうなるの?

=========================================

 どんな分野領域も  A  (理念など)は高く崇高なもの。

 そう本当に芯から思い、そうありたいと常に深く意識している、、実際 理念のとおりあろうと

 しつづけること、は意外に……とおもう。理念と現実の異次元てき乖離はないか?

 じゃあ、薬学生の育成、臨地実習など、どうしたらいいのか

 活字として印刷されている Aを目でおうだけじゃ身に入らない。

  Aを壁にはったり、掲げるだけじゃ人は Aをわすれる。

 エライ人が読み上げるだけじゃ人はそうできない。

 

 自分ごととして理解できるか、

 自分の脳裏にそのシーンをまずは浮かべることができるか?

 目のまえの現実の患者やその周囲の人、状況、、のなかで……

    <<鈴木敏恵が考える教育デザイン>>

 

 実習の事前学習、というか事前の心持ち で以下のシーンをしてみる、たとえば

┌─────────────── A ─────────────────────────────┐

豊かな人間性と医療人としての高い使命感を有し、生命の尊さを深く認識し、生涯にわたって薬の専門家としての責任を持ち、人の命と健康な生活を守ることを通して社会に貢献する。

└──────────────────────────────────────────────┘

 

  A  について一人ひとりどう受け止めているか、自分の言葉ではなしてみて、、

    といったらどうだろう?  

 「 A  って、たとえば?」

 「 どんなシーンで A  が反映されるとおもう?」 

 「 どんなシーンで A  を基軸とした判断を要求されるとおもう?」

 「 臨地実習へいったとき どんな A を目撃(?)することができるだろう?」

 「 たとえば?」

  と学生にいう。学生はアウトカムする

 

6年修了時に必要とされている資質は以下の通りである。

1.(薬剤師としての心構え)

薬の専門家として、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識をもち、人の命と健康な生活を守る使命感・責任感を有する。

    って、たとえば?」「どんなシーンがあるだろう?」とか学生にいったらどうだろう

2.(患者・生活者本位の視点)

医療人としての倫理観を有し、常に患者・生活者の立場に立って、これらの人々の安全と利益を最優先する。

  「  って、たとえば?」「どんなシーンがあるだろう?」とか学生にいったらどうだろう

3.(チーム医療への参画)

医療機関や地域における医療チームに積極的に参画し、相互の尊重のもとに薬剤師に求められる行動を適切にとる。

  「  って、たとえば?」「どんなシーンがあるだろう?」とか学生にいったらどうだろう

4.(医療のためのコミュニケーション)

患者、生活者、多職種から情報を適切に収集し、これらの人々に有益な情報を提供するためのコミュニケーション能力を有する。

  「  って、たとえば?」「どんなシーンがあるだろう?」とか学生にいったらどうだろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  鈴木 敏恵          s-toshie@ca2.so-net.ne.jp

  オフィシャルサイト   http://www.suzuki-toshie.net/

  シンクタンク未来教育  http://pbl21.heteml.jp/vision/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

鈴木敏恵プロフィール 2012

 ■ 鈴木敏恵:プロフィール

    未来教育シンクタンク  一級建築士 千葉大学教育学部特命教授  日本赤十字秋田看護大学非常勤講師

「意志ある学び」を理念とし、21世紀の教育を構想、提唱、自らも実践。未来教育プロジェクト学習やポートフォリオを手法とし、自ら学ぶ意欲、考える力、 課題発見力、課題解決力、イメージ力を高める人材育成を全国で手がける。教育界、医療界、自治体など公的機関の指導者養成、人材育成など広く活躍。リスク マネージメント教育、防災教育、メディアリテラシー、コンピテンシー育成。プロジェクト手法による目標管理、新しい評価観などを提案、指導。プロジェクト を成功させる全体構想コンサルタントとしても企画から実践まで支援。FD:Faculty Development、人を成長させる評価と実践的コーチング手法を全国各地で指導。文部科学省「確かな学力の育成に係る実践的調査研究H22」事業採択団体「シンクタンク未来教育ビジョン」代表。

◆連絡先 E-mail: s-toshie@ca2.so-net.ne.jp

◆著 作:
『課題解決力と論理的思考力が身につくプロジェクト学習の基本と手法』教育出版
『看護師の実践力と課題解決力を実現する!
    ポートフォリオとプロジェクト学習』 医学書院
『A4資料資料挟成功術』 商周出版(台湾)
『夢ファイル』日本実業出版 
『この国の教育のあり方(共著)』アルク
『目標管理はポートフォリオで成功する!』
『ポートフォリオ評価とコーチング手法』 医学書院
『ポートフォリオで進路革命!AO入試・評価指標・デジタルポートフォリオ』
                     学事出版
『ポートフォリオで評価革命!』学事出版
『こうだったのか!ポートフォリオ 成長への戦略/思考スキルと評価手法』学研
『これじゃいけなかったの?総合的な学習 これが成功戦略!
            プロジェクト学習&ポートフォリオ活用』学研
『マルチメディアで学校革命!』小学館
<<back|<206207208209210211212213214215>|next>>
pagetop