August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

未来教育02 [特別講演 矢野和男氏 「データの見えざる手」] 意志ある学びー未来教育プロジェクト全国大会2018  鈴木敏恵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ テーマ『データの見えざる手』 特別講演 ゲスト:矢野 和男 氏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10:40〜11:55

〇プロフィール:AIと人間社会行動の研究における第一人者。「NHK クローズアップ現代」等出演。株式会社日立製作所 フェロー・文科省情報科学技術委員・ 東京工業大学大学院特定教授。AI、 ビックデータと人間の行動とハピネスの研究において世界的に注目 。国際学会最優秀論文など国際的な賞を多数受賞ほか/〇Google Booksの書評:矢野和男氏の著書への書評「人間の行動を支配する隠れた法則を、 「方程式」に表す。 ヒューマンビッグデータがそれを初めて可能にした! 時間の使い方・組織運営・経済現象など、 人間と社会に関する認識を根底からくつがえす科学的新事実。」 

 

 

 

 

著書『データの見えざる手 (草思社文庫) 』

 

http://amzn.asia/7rvBGex 

〇 幸福な人達は 一貫して生産性が高い( 271ページ)

〇 人々の幸せというアウトカムの向上を目指して 様々なデータから幸せを高める方法を見つける(270ページ )

〇 ハピネスというアウトカムのために AI を活用する  ( 274ページ )

〇 科学的なデータから明らかになった 幸せになるための行動は一人一人違う(273ページ)

〇 リアルな人間行動データから見えた、成果をあげるために必要なこと

〇 AI・センサーの駆使で人間行動を分析

〇 ルール指向からアウトカム指向へ

〇 社会にとって最も重要なアウトカムとは幸せの実現

〇 人のハピネスやウェルビーイングへの関心

〇 アウトカムという目的があって 初めて AI やデータが生きる

 

 

 

未来教育02 オープニング講演『教育4.0 --プロジェクト社会・ポートフォリオ時代の実現へ 』 意志ある学びー未来教育プロジェクト全国大会2018 鈴木敏恵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 基調講演 『教育4.0 --プロジェクト社会・ポートフォリオ時代の実現へ 』

                        主講師: 鈴木 敏恵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10:10〜10:40

 

 

 

 

未来教育01 「 意志ある学び 未来教育プロジェクト全国大会2018」  ポートフォリオ プロジェクト学習  鈴木敏恵

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop