November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

教育イノベーション★意志ある学びー未来教育  東北大学 PBL(Project Baced Learning実践)講師:鈴木敏恵

未来教育プロジェクト
東北大学 博士を目指す若者たち50名による
公開プレゼンテーション


● 実施:2014年12月2日(火)PM

● 場所:東北大学/宮城県仙台市青葉区(後日詳細)

● プレゼンター:東北大学 博士課程 学生50名
       http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20140817_393449.jpg

● テーマ:【よき未来へ…東北の復興に役立つ10のイノベーション提案】

● 対象: 学生たちの未来を支援したい方 
     未来教育PBL(Project Baced Learning)に関心がある
     教育者、自治体、医療者、公的機関等

● 参加希望について:要事前申し込み/後日 詳細

● 未来教育PBL(Project Baced Learning)構想デザイン 鈴木敏恵
http://www.ilp.tohoku.ac.jp/modules/center/index.php?content_id=4
http://www.suzuki-toshie.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北大学 博士を目指す若者たち50名による未来教育
PBL(Project Baced Learning実践)講師:鈴木敏恵

◆ 未来教育プロジェクト理念

 学習のゴールは
「他者に役立つ知の成果」

PBL(Project-Based Learning)学習成果は

【よき未来へ…東北の復興に役立つ10のイノベーション提案】




東北大学 博士を目指す若者たち。自分たちの研究が活き貢献できる社会の課題を自分たちで見い出し【よき未来へ…東北の復興に役立つ10のイノベーション提案】へ留学生をふくむ多領域のメンバーでプロジェクトチームで向かいます。4月からスタートし12月に自治体、企業やNPO、公的機関などを前にイノベーションをどうやって実現させるのか企画を提案します。アイディアへ手をあげてもらうことを意図し12月2日PM 公開オーディション的に実施します。リアルいいね!PJ。気持ちつたえるオーディエンス。

◆ 未来教育のスピリッツ

 現実思考・現実対座
 未来志向・未来デザイン

 この世は「知の果樹園」

 知性と感性のクオリティ
 哲学と現実をつなげる設計


◆ 教育イノベーション/哲学の鍵

 1、俯瞰
 2、対話
 3、価値化
 4、再現
 5、ストーリー性
 








ビジョンとゴールを胸にチームで進めるPBLは、自分たちの学びや研究が現実社会とつながり人々に貢献できると実感でき自信やモチベーションとなります。東北復興という現実の課題をテーマとし一人ひとりの"知"を活かすPBLは、グローバル時代の教育モデル。

◎ 目の前の現実へ眼差しをそそぎ自ら課題を見出し、ありたい状態(ビジョン)を描き、具体的な目標(ゴール)を設定する力を身につけることができる。

◎ 「課題発見力」「目標設定力」「チームワーク力」「課題解決力」「知識創造力」「企画/提案力」「しなやかでグローバルな発想力などを身につける。

◎【よき未来へ…東北の復興に役立つ10のイノベーション提案】をする。

http://www.ilp.tohoku.ac.jp/modules/center/index.php?content_id=4


鈴木 敏恵 http://www.suzuki-toshie.net/

pagetop