July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

PBL(Project-Based Learning)未来教育 プロジェクト学習 「プレゼンテーション」 ” プレゼンスキル” より大切なこと 鈴木敏恵

 ” プレゼンスキル” より大切なこと 


★ 意志ある学びー未来教育 プロジェクト学習

パワポ も プレジ も要らない 。 スキルの習得より大切なことがある。「未来教育 プロジェクト学習」の「プレゼンテーション」のフェーズで身につけたいのは、けしてスキルではありません。世にスマートなスキルだけどEmptiness なプレゼンがどれだけあることか。大事なのは、かっこよさや標準的であることや難なくこなすことでは決してなくあなたの頭から出たコンテンツだ。そして相手のために、伝わるように、自分の言葉でわかりやすく話そうと工夫や努力をしているその姿勢です。

【評価の観点】

□ 独創性(ささやかでも唯一のモノか?)
□ 貢献性(誰かをシアワセにするか?)
□ 現実性(それは妥当性があり実行可能か?)



【他者に役立つ行動提案】

未来教育プロジェクト学習/PBL(Project-Based Learning)の成果、プレゼンテーション。他者に役立つ知のアウトカム! 自分たちで現実から課題を見いだし、自分たちの足で現場を歩き、必要な情報を獲得する。そして他者に役立つ、行動提案をする、その表現には一切のコピペもなく、ユニークで魅力的で…だから聴衆者は、真剣な顔で聞き漏らすまいぞと身を乗り出してくれる。プレゼンの最中も、数値を含めた綿密な現状分析のところでは、ホォー!って関心の声が。ポートフォリオからドサリと集めたアンケートの束がまた力をもつ。

パワポもプレジも要らない ---- プレゼンスキルを身につけることがねらいではない。それよりより大切なことに彼らは気づいてくれたはず。すべてのチームのプレゼンテーションが終了して素材から再構築まで本物だから

【経験を価値化】

学生のみなさんへ…この日のことをポートフォリオに入れておこうね、そして、少ししたらこのページをめくってリフレクションしてみよう。『この日、身についたこと、得たことは何?』紙にかいてごらん。この日90分のプレゼンテーションの時間。その『ビフォー、アフターで変化したことを考えてみよう』。もうしばらくしたら、この日のポートフォリオとその前後のページをめくり「リフレーミング」してみよう。『もう一度するとしたら、ドコを変える?』…すべてのものはもっとよくなる。

    ☆     ☆     ☆

なんでみんなが聞き惚れてくれたとおもう? 自分の目で目の前の現実を見て、自分の頭で考えて、他者と対話を繰り返し、自らとまた対話をする姿勢、時間かけて足で得た、その現場に立って、そこでガンバって目や耳や人に話しかけるささやかな勇気、ねばりがあったからこそ、オーディエンスは心からの拍手をくれたんだよ。 ”プレゼンスキル”より大切なことを身につけよう、目指すのは典型的なビジネスマンやバリバリのキャリア志向オーラのふるまいではない。あなたたちがよく考える人になること。迎合するかのようなあいづちを軽くして好かれる必要などないんだよ。みんなに理解してもらう必要もない、その努力や工夫をすることは尊ぶけれど、みんなって存在はほんとはないのだから、矛盾に困るでしょ。社会人スキルは大事かもしれないけど、社会人スキルが一番大切ってことももちろんない。ただ目の前の人に心を込めて、接することができたらいいねということ。でもこれでさえ、そうしたいけど、その人の状況次第ではできないときもある。ここも私は覚悟してあなた達を見つめていたいよ。千葉大学の前期15回、毎回とっても楽しかった、毎回どうすれば、あなた達の成長の役に立てるか考えた、とても心も頭の満ちたいい時間でした、本当にありがとう。 
===★ PBL(Project-Based Learning)テキスト ====

書名 「プロジェクト学習の基本と手法」


著者  鈴木 敏恵


出版 教育出版



http://www.amazon.co.jp/dp/4316803506


pagetop