May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

映画「スティーブ・ジョブズ」試写会/「浮かれるな!」「仕事をしろ」  鈴木敏恵

 日本経済新聞社本社における、映画「スティーブ・ジョブズ」試写会へ行きました。


「浮かれるな!」
「仕事をしろ」

3時間つかってもぜひ見ることすすめます。そこに真剣に生きた一人の男を見ることができるからです。

真剣に生きるということは、空気を読む、読まないとか言って生きている世界とは、まったく違うところにあることがわかる。そこにいいもわるいもない、という事実がわかりやすい。

    ☆     ☆     ☆

第1部としてNIKKEIアート・プロジェクト スペシャルセミナーとして2人の講師のトーク• 第2部が映画「スティーブ・ジョブズ」試写会です。「スティーブ・ジョブズ」の映画は、生前のジョブスに関して私がメディアですでにしっている内容を紡いだものでした。登場人物がみな本人によく似た人で再現したものです。「ストーリーもの」なのか「再現もの」なのか、といえば「再現もの」とおもいます。「再現もの」は「現実」と比較されます…fact-checkという意味だけでなく、その感動という点においても…。本人の現実、事実がものすごくインパクトあるジョブスです、「本物のジョブスがiPhoneを世界にむけてきっぱりとした顔でプレゼンしたもの」をほぼ生や動画サイトで見ている私たちです、これから先、だれが映画、映像をつくっても、本人のあのプレゼンテーションで受けた、まさしく世界を変える一人の人間がステージの左から登場して語ったシーンでうけた感動と見比べてしまうでしょう、事実は力をもちます。視聴する人はほぼ全員、まだ生ジョブスのリアルな足跡をしっている、とくにMacファンたちはイメージ力あり層で、すでに頭のなかで映画的にふくらましていそう…ここと照らしあわせられることが余儀なくされる映画は、何を映画化すべきだったのか…それは自明と私は映画の半ばから考えながらみていました。トークでは、「みなさんまだ、マウスをご存知ですよね」という言葉がかるくインパクト。「ソフトウェアを真剣に考える人はハードウェアもつくるべきだ」というジョブズの信念、学校や教育施設においてもまったくそのとおりと感じました。「浮かれるな!」「仕事をしろ」…私のボスも私にそういいました、いまでも調子にのりそうなとき自分にそういいます。
pagetop