March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

東京都中学校国語教育研究会にて講義「新しい国語教育と意志ある学びを叶える未来教育プロジェクト学習〜思考力・判断力・表現力を高めるコーチングとともに」:プロジェクト学習とポートフォリオで高まる「言語活動の充実」「読解力」――


プロジェクト学習とポートフォリオで高まる「言語活動の充実」「読解力」


東京都中学校国語教育研究会にて講義
「新しい国語教育と意志ある学びを叶える未来教育プロジェクト学習〜思考力・判断力・表現力を高めるコーチングとともに」


平成2323(火)13:30〜16:45

2,会 場 新宿区立新宿西戸山中学校 

3,内 容  演  習(13:30〜16:30 質疑応答等を含む)

4, 講 師: 鈴木 敏恵


テーマ「新しい国語教育と意志ある学びを叶えるプロジェクト学習

    〜思考力・判断力・表現力を高めるコーチングとともに」


 

 プロジェクト学習の各フェーズでは,学習指導要領でも重視されている「言語活動の充実」や, PISAOECDによる国際学力調査)における「読解力に対応する能力や感性を高めることができます。前半のフェーズでは,課題発見から目標への意欲,思考力(自ら獲得した知を活かし,比較や分類,関連付け,規則性,帰納的,演繹的,類推するなど)を高めることができます。後半の[制作][プレゼンテーション][再構築]のフェーズでは,解決能力,論理的思考力,コミュニケーション能力,表現力,活用力の習得を叶えます。

 

 特に[再構築]のフェーズで作成する凝縮ポートフォリオは,他者に役立つ提案型の「知の成果物」としているので,必然的に,根拠ある情報を手に入れることや,わかりやすく表現する力を高めます。平易,例示,簡潔,総括,結論と理由・論拠・証拠,図・グラフ・表(非連続テキスト)の表現,項目立て,順序,小見出し,制限など(参考:文部科学省サイト「新学習指導要領・生きる力」)といった言語活動のポイントも盛り込んだ表現となります。

 

[1] 「言語活動の充実」

参考:文部科学省「新学習指導要領・生きる力」より

言語活動の充実に関する指導事例集【中学校版】

言語活動の充実に関する指導事例集【小学校版】

[1] PISAOECDによる国際学力調査)における「読解力

参考:文部科学省サイト「国際学力調査」より

 

nPISA調査は,義務教育修了段階の15歳児が持っている知識や技能を,実生活の様々な場面でどれだけ活用できるかをみるものであり,特定の学校カリキュラムをどれだけ習得しているかをみるものではない。

n2009年調査では読解力を中心分野として,数学的リテラシー,科学的リテラシーの3分野を調査。

n思考プロセスの習得,概念の理解,及び各分野の様々な状況でそれらを生かす力を重視。

 

n読解力の定義が,「自らの目標を達成し,自らの知識と可能性を発達させ,効果的に社会に参加するために,書かれたテキストを理解し,利用し,熟考し,これに取り組む能力(下線:新たに加えられた部分)となった。読解力はただ単に読む知識や技能があるというだけでなく,様々な目的のために読みを価値付けたり,用いたりする能力によっても構成されるという考え方から,「読みへの取り組み」(engaging with written texts) という要素が加えられた。つまり,読むことに対してモチベーション(動機付け)があり,読書に対する興味・関心があり,読書を楽しみと感じており,読む内容を精査したり,読書の社会的な側面に関わったり,読書を多面的にまた頻繁に行っているなどの情緒的,行動的特性を指す。

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/28/1307651_2.pdf

 



pagetop