August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

防災講演「自分で考え行動できる力の育成をめざして」 子どもの自立と自律をかなえる新しい防災教育を!  鈴木敏恵

 平成24年度 徳島県PTA会長・指導者研修会(700名)
■ 主  催    徳島県教育委員会
 「災害を乗り越え,生き抜く力を育むために」〜学校・家庭・地域ができること
■ 日  時    平成24年9月13日(木)午後1時から午後4時30分まで
■ 会  場    あわぎんホール(県郷土文化会館)
■ 参 加 者     県内の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校における           PTAの代表(保護者・教員)   
■ 講  演(90分)
●講師:鈴木 敏恵 
 (内閣府中央防災会議専門委員,千葉大学教育学部特命教授)

● 演題:
「自分で考え、行動できる力の育成をめざして」
 〜 子どもの自立と自律をかなえる新しい防災教育を!〜
プロジェクト学習
コーチング手法
ポートフォリオ活用






 


1)演  題: 「自分で考え、行動できる力の育成をめざして」   〜 子どもの自立と自律をかなえる新しい防災教育を!〜 

(2)講  師:鈴木 敏恵 さん

                (内閣府中央防災会議専門委員,千葉大学教育学部特命教授)

(3)講演内容:災害時に生き抜くための主体性や課題発見力とは…。教育先進国フィンランドの教科書を紹介しつつ、学校や家庭ですぐ使える「思考力、判断力、行動力」が高まるコーチング等もお伝えします。










9 パネルディスカッション(100分)
   (1)テーマ:「災害を乗り越え,生き抜く力を育むために」
〜学校・家庭・地域ができること〜
  (2)○コーディネーター:阪根 健二(鳴門教育大学大学院学校教育研究科教授)
鈴木 敏恵
 



○パネリスト:
              山 篤史 (徳島県国公立幼稚園PTA連合会会長)
              安藤 宏幸(愛媛県西条市立多賀小学校長)
              山本 健 (阿南市橘町地域自主防災会会長)
              池渕 隆義 (徳島県教育委員会体育学校安全課防災・健康教育幹


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■■■ 講演への評価/アンケート結果より

 

□講演内容はどうでしたか


幼稚園/指導者・PTA





□今回の研修で印象に残ったことは?幼稚園/指導者・PTA                      

・子どもと歩いて危険箇所を発見する大切さ、このことが自分の命を自分で守ることができる。避難訓練だけでは、十分命が守れないことを自覚した。                        

・常に自分で考え行動できる子供を育てるためにコーチングしていきたいと思った。    

・子ども達自身が自分の命を大切に思い、自分で判断して行動できる子どもに育てなくてはならないと思った。

・プロジェクト学習についてと子どもがまず考えて答えを出す、コーチング方法が印象に残りました。

・ 「今、災害が起こったら・・・」自分たちの命を守る方法を、常日頃から子どもたちとともに考えていきたいと思います。                    

・ (目的目標)何のために何をしたいのか、正解を言うのではなく考えるという事を子供に考えさせてみたいと思う。               

・災害時にも主体性などが重要な力になるということを知り大切さを痛感した。                                   

・課題発見の習慣づけの大切さ自分で考え自分で判断できる子供にしていくという事。

・考えているだけでなく、一歩行動しなければいけないと思いました。                          

・ポートフォリオを作る。子どもが自分で考える力をつけていくことの大切さ。           

・コマンドコーチングからコーチングへ、子育ての中で、ゆっくりと待つ姿勢を持ち、子供が考える事ができるようにしていきたいと思いました。

・鈴木先生のお話をうかがい、幼稚園において、それぞれの保育室の図上シュミレーションを行い、幼児なりに考え、行動に移せるようにしていきたい。

・講師先生から、配置図を使って考え、イメージすることの大切さを教わった。そのことをふまえて実践を重ねて行動することの大切さを学んだので、今後の生活に生かしていきたい。     ・自分の安全は自分で守れる子どもに育てていくことの大切さをあらためて学ばせていただきました。鈴木さんの講演がとても楽しかったです。子どもが小さいこともあり、家族連絡カードを持たせておくことはすごく参考になりました。

・ちょうど今日、避難訓練をしたばかり。ポートフォリオを活用したい。                                  

・自分に内在する高次の自分がセルフコーチングするということ!!素晴らしい発見をしたように思った。

□講演内容はどうでしたか


小学校/指導者・PTA





□今回の研修で印象に残ったことは?小学校/指導者・PTA      

・講師が魅力あふれる方で、フィンランドの教科書や東北の現状を教えて下さり、情熱があった。

・子供達に考えさせる言語活動=防災。ポートフォリオの必要性。・ティーチングからコーチングへ    ・答えのない問いにどう答えをだしていくか。常に考えることが大切という内容が印象に残りました・鈴木敏恵さんの講演 むずかしい。でも役に立った。・プロジェクト学習の各種シート  ・コーチングのすばらしさを学べました。防災についても色々と考えたいと思いました。        

・ポートフォリオを子どもにやらせてみたいと思う。自分で考え判断し、自信を持って動ける子どもになると感じた。         

・講師の熱が伝わってくる内容。実践的でよい。・ポートフォリオ、家庭防災、その他多く。子ども自らが考えて行動できる。「生きる力」をつけること。

・目からうろこだった、具体性があり今日さっそく持ち帰って活用したい。 ・講師の個性、防災はいつくるかわからないので防災を自覚するという事。

・自らの問題として真摯に考えることができた。

・全て良かった。家族防災会議、防災カード。 ・保護者として、危険から守るだけでなく、おこった時の身を守る力を養うことが大事だと強く思いました。

・鈴木先生のお話にひき込まれました。授業にも生かせるので役に立ちます。言語活動がこのように生かせられるんだととても参考になりました。

・鈴木先生の話が具体的でわかりやすく良かった。

・児童に考えさせる手立てについて(ワークシートを使って)。

・自分の学校で活用できる内容の多い講演が印象に残りました。・鈴木先生の講演は、防災教育から発展し人材を人財に育成していく為の教育に有効だと感じました。

・コーチングの大切さ(目標実践自立)*ただ、コーチングが自分で考えることを教えるティーチングになっている感じもする。失敗させないようにしすぎ?  ・コーチング・図上訓練。自覚と自信をもたせることが、自立と自律に大切であるということ。 ・鈴木敏恵さんの図上シュミレーションは家に帰って子供に伝えたいです。発見がありました。


□講演内容はどうでしたか

中学校/指導者・PTA






□今回の研修で印象に残ったことは?中学校/指導者・PTA 

 ・与えるだけではなく、子どもが自分で考えて行動できるために親がコーチング出来るように自分自身もやって行きたい。             

・色んな場面でコーチングが役に立つんだと実感した。防災について再認識した。                   

・鈴木先生の話は学校では何ができるかを身体的に示されていました。防災の講演や講習は学校で子どもたちにたくさん聞かせましたが、被災者の話が多く、「備え」として何をしておけばよいかを聞いたのは初めてのように思います。                

・鈴木先生の講演は正に今の自分がやらなければいけないと考えさせられる内容で、とても良かった。・実践に生かせる。・考える力こそ生きる力。

・セルフコーチングできる子にしたい。・コーチングについて良く理解できた。 ・大変よかった。とても考えさせられた。

・無意識化〜意識を生みだす大切さ。鈴木敏恵さんの熱い思い。 

・講演は具体的な演習も入っていて、又、教科の中ですぐにできるヒントもあり役に立ちそうです・防災のための防災では強く、防災教育を通じて課題解決力を育てることの大切さ。    

  ・学力向上の視点と重ねたことで、日常的に取り組みやすくなるよい提案でした。       

・非常に講演がよかった。やる気が出てきました。・子ども達が自分で考え、行動することの必要性を強く感じました。・プロジェクト学習について 

□講演内容はどうでしたか

高校・特別支援/指導者・PTA








□今回の研修で印象に残ったことは?高等学校/指導者・PTA

・災害が起きたときに,自分で考えて行動できる子どもに育てるには,型どおりの訓練ではなく,想定外の状況も取り入れた防災教育が重要だと思いました。

・愛媛の安藤先生のお話に,学校の取組の素晴らしさに驚かされました。                      

・防災学習は必要だ!すぐに使えるノウハウがいっぱい。                                    

・鈴木先生のお話はわかりやすく,楽しく聞けて大変良かったと思います。                  

・ティーチングからコーチングへ                                                                                        

・地域の取組に差があることが印象に残った。                                                                  

 

□今回の研修で印象に残ったことは?特別支援学校/指導者・PTA

・危機感が増した。もう一度家族でも話がしたい。自分で考え動ける子。親としては切実な思いです。なんとかさせたいと思います。       

・地域・学校・家庭がチームにならないとダメなことがよくわかりました。子どもたちは皆さんの助けが必要です。よろしくお願いします。

・防災からいろんなお話につながり,子育てをしていてとても役立つ事がたくさんありました。

・ポートフォリオが果たす効果が印象に残った。                                                  

・「自ら考え,行動する」ということが大切だということと,その過程のそれぞれのポイント。

・今できること,しなければならないことがよく分かりました。お世話になりました。

・避難訓練の在り方,防災の在り方の実践例がお聞きできて良かったです。      

┌───────────事前学習  防災教育 避難

pagetop