February 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

考えるとは  / 「考える」には「俯瞰」がいる  / 鈴木敏恵

考えると俯瞰の関係

 

 

「考える」には「俯瞰」がいる

 

徹底した膨大な知、新鮮な情報を頭の中の表層にたくさん

 

目や耳から、新しいひらめきの種みたいな知のカケラが入る

 

知のカケラのどれが関連するのか、その一つ一つを見ても無限に近く、キリがないし、また実際に見たいのは、個々のカケラではなく、カケラとカケラ、知と知を結びつける、つながりの有機的な線ゆえに、全体が瞬時に俯瞰できる必要があるのだ。

 

だから、虫食い教材ばかりで知を掴むのは間違えと言える、部分、カケラ、単体、一つだけ正解 という思考に無意識になるから

 

俯瞰する状態は、フラッシュメモリーに似てる

 

 

 

閃めき 俯瞰、最短(瞬間)俊速

pagetop