June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

新刊N 連載9 :自ら意志を持ち、キャリアポートフォリオを  /ポートフォリオ教育・ プロジェクト学習   鈴木敏恵

自分の学びや成長のマネージメントは自分でする、自ら意志を持ち、キャリアポートフォリオを作る、それは自分の今と未来に有効です、それを叶えるためにはポートフォリオファイルを配布したり、eポートフォリオへの記載を指導するだけではうまくいきません。

 「人間として成長し続けたい」という願いを叶える職場であるために、いかに教育を魅力的でフレッシュなものとするか。大切なのは従来の価値観や指導方法にとらわれず、未来志向で新しく自由で挑戦的な試みをどんどんしてみることです。

   ☆   ☆

キャリアポートフォリオを見ると一人ひとりの経験だけでなく独自の課題意識や能力や資質が見えます。それらを生かし咲かせることがAI時代の組織が向かう人材育成と言えるでしょう。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

鈴木敏恵 すずき・としえシンクタンク未来教育ビジョン代表、教育デザイナー(Architect/設計思想)。一級建築士。「意志ある学び―未来教育」をコンセプトに、プロジェクト学習、ポートフォリオ、対話コーチングなどを融合させた次世代教育の設計思想から実施を全国展開。主に教育界、医学界へ新人教育、指導者育成、教育構想のコンサルティングを行う。公職歴に内閣府中央防災会議専門委員、千葉大学教育学部特命教授ほか。主な著書に『AI時代の教育と評価』(教育出版.2017)、『アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する』(医学書院.2017)、『キャリアストーリーをポートフォリオで実現する』(日本看護協会出版会.2015)など。http://suzuki-toshie.net/profile/

pagetop