January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新刊N 連載4 :AI時代に求められる 4つの修得知      ポートフォリオ教育・ プロジェクト学習   鈴木

(ポートフォリオ活用とプロジェクト学習を統合し意志ある学び未来教育を提唱する第一人者 鈴木敏恵氏と3人のトップに教育のあり方について語っていただきました。)

総務省の情報通信白書「AIの普及に求められる人材と必要な能力」で上位となっている対人関係能力や 目の前の現実と対座する情報取集力や課題解決力、チャレンジ精神や主体性、洞察力などは、人間の領域の仕事、その筆頭とも言える看護医療者に求められる資質・能力とほぼ一致するといえます。

 私は、「次世代教育に求められる修得知」として、図2の4つの修得知を提言しています。Aは体系化された知識・技術の集合体、AIやロボットが得意とする領域です。一方、B(知性・精神)・Cはコンピテンシー(目の前の現実の中で成果に直結する能力)・Dビジョン力未来をよくしたいという願い(ビジョン)を かなえるために、現状から課題を発見して解 決していく、人間だけが持つ夢を実現する力。B:人間としての心、精神、魂。創造や行動の源。個人の資質や能力に拠るところが大きいため、AIには代替できません。次世代教育では特に、B〜Dの力を身につける必要があります。 その有効な方法として構想したのが、ポートフォリオ・対話コーチングを統合させた「次世代プロジェクト学習」です。

■ 意志ある学びの手段「ポートフォリオとプロジェクト学習」
ありたい未来を描きそこへ向かう次世代プロジェクト学習。そのプロセスで自分を見つめ成長するためのポートフォリオ。いま導入する組織が増えています。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
鈴木敏恵 すずき・としえシンクタンク未来教育ビジョン代表、教育デザイナー(Architect/設計思想)。一級建築士。「意志ある学び―未来教育」をコンセプトに、プロジェクト学習、ポートフォリオ、対話コーチングなどを融合させた次世代教育の設計思想から実施を全国展開。主に教育界、医学界へ新人教育、指導者育成、教育構想のコンサルティングを行う。公職歴に内閣府中央防災会議専門委員、千葉大学教育学部特命教授ほか。主な著書に『AI時代の教育と評価』(教育出版.2017)、『アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する』(医学書院.2017)、『キャリアストーリーをポートフォリオで実現する』(日本看護協会出版会.2015)など。http://suzuki-toshie.net/profile/

pagetop