January 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新刊N連載2 「人を育てる上で大切にしていること」 」 /   ポートフォリオ教育・ プロジェクト学習   鈴木

 

画像に含まれている可能性があるもの:42人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内
(意志ある学び未来教育ープロジェクト学習ポートフォリオを提唱する第一人者 鈴木敏恵氏と3人のトップに教育のあり方について語っていただきました。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            
教育への考え、思い、人材育成を行う上で、これを大切にしているーーということは?

            ・
O局長「しばしば部下に対し、言われたことがきちんとできることを求めますが、私はそこには価値が見出せません。
師長に言われたことに納得がいかなければ、そのとおりに動かずに異論を言ってもいい。若い人はそういう反発心や反抗心をもっているものです。
人は精神的にゆらぎ、何かを考えていく過程で学んでいき、自分なりの方法を勝ち取っていきます。」
            ・
K部長「私は自分のキャリアポートフォリオの表紙に「私の幸せのために、あなたの幸せのために、そして皆の幸せのために」と書いています。自分自身が幸せになりたいし、周囲に幸せを与えたい。抽象的ではありますが、そういう思いをもって人材育成に取り組んでいます(略)「1人ひとりの職員に、本当の力を身につけさせなければならない」ということ。どんな職場にあっても、プロフェッショナルとして自律して行動できる力を身につけてもらいたいですね。」
            ・
I局長「意志をもって行動できる、仲間をつくり一緒に頑張れるなど、人としての「総合力」を伸ばしていきたいですね。激動の時代にあっても、たおやかで、揺れるけれど芯がある。そういう人が必要だと思います。新人のみならず、スタッフ全体としてコミュニケーション力の向上が必要だと思っています。」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
鈴木敏恵 すずき・としえシンクタンク未来教育ビジョン代表、教育デザイナー(Architect/設計思想)。一級建築士。「意志ある学び―未来教育」をコンセプトに、プロジェクト学習、ポートフォリオ、対話コーチングなどを融合させた次世代教育の設計思想から実施を全国展開。主に教育界、医学界へ新人教育、指導者育成、教育構想のコンサルティングを行う。公職歴に内閣府中央防災会議専門委員、千葉大学教育学部特命教授ほか。主な著書に『AI時代の教育と評価』(教育出版.2017)、『アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する』(医学書院.2017)、『キャリアストーリーをポートフォリオで実現する』(日本看護協会出版会)など。http://suzuki-toshie.net/profile/

pagetop