December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アクティブラーニングを超えて‥‥ポートフォリオとプロジェクト学習

うれしい増刷の知らせが来ました。ロングランヒット増刷含め 合計で1万部を超えます。みなさんありがとうございます。 
https://www.amazon.co.jp/dp/4260007300

アクティブラーニングを超えて‥‥これじゃいけなかったの !? 総合的な学習―これが成功戦略!! ポートフォリオ評価・プロジェクト学習

私の本の中では究極ロングラン本かも。『 これじゃいけなかったの !? 総合的な学習―これが成功戦略!! ポートフォリオ評価・プロジェクト学習 (学研 2002年出版)』14年前に書いた本ですが、先月も「この本いい、実践に使える!」とうれしい感想頂きました。

☆ チャレンジャーの先生に私の本はよく読まれるようです、未来志向の先生方とのたくさんの出会い、素晴らしい先生方との交流が続きます、幸せなことです!ありがとうございます。‥‥最近やっとほぼすべての教育者にポートフォリオやプロジェクト学習が広がった感があります。

☆ アマゾン どんな本でも何年前に出版された書籍でもすぐに簡単に手にはいるのでありがたいです。
https://www.amazon.co.jp/dp/4054016472


 

 

1999年〜学校での実践をNHKとTBSテレビで「未来教育プロジェクト学習」で子どもたちの素晴らしい可能性が開花した様子、教科書のない学びで成長する様子を放送してくれました。全国のメディアライブラリーや http://www.tbs.co.jp/tvkansatsu/mirai01.html に軌跡あり、役立ちます。メディアも肚をくくって挑戦してくれました。教育は未来の源、先生は未来デザイナー。現場の先生がチャレンジーであることが一番、子どもたちの未来を開くと今も確信しています。

★ アクティブラーニングの向こうに ‥AI 時代の教育

★ アクティブラーニングの向こうに ‥AI 時代の教育/ファクト(事実・状況)からの情報獲得力を磨く

 

☆ その能力・感性‥鋭敏なセンシングと繊細なタッチングで「どう世界を認識できるか」AIロボットはどうなのか? 私たち人間はどうなのか?

☆ 人間の身体は一つの完璧な世界、オリジナルな宇宙。実物そっくりのカタチ、関節、サイズ、表情、口腔、喉の構造、柔らかい皮膚、髪、疼痛レベル‥‥を持つ『教育用生体モデル』へ本気の眼差しとプロの笑顔で声をかけ、能力、スキル、心を磨く看護の学生や新人が今この時も近くにいる。

 


 

☆ タッチング、人に触れて得る唯一の大切な情報‥‥プロたちは触れるだけで膨大な情報を得る。そこに要るのは、正確な知識と高度な能力、ナイーブなスキルとすべての人の尊厳を忘れない高い心。

 

☆ どこでも生体モデルは親しい名前をつけられとっても大事にされています、ともに学ぶ仲間の一人扱い?、なんだか幸せそう、見てて胸にグッとくる!だから私もちゃんと挨拶をして尊厳もって接しました

 

☆ 究極シミュレーション教育、未来の教育の鍵がここにある。 

 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
新刊「AI時代の教育と評価」原稿6章より
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

 

アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ 
https://www.amazon.co.jp/dp/4260023853
プロジェクト学習の基本と手法
https://www.amazon.co.jp/dp/4316803506

アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する ーー 与えられた学びから意志ある学びへ

 

アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ  医学書院
http://www.amazon.co.jp/dp/4260023853

プロジェクト学習の「企画書」と「ゴールシート」鈴木敏恵

 未来教育プロジェクト学習 ポートフォリオ導入スタートに必要なシートです。
■ ゴールシート

抜粋「プロジェクト学習の基本と手法―課題​解決力と論理的思考力が身につく 」


鈴木 敏恵





























■ 企画書フォーマット























■ 企画書 記入例





















■ 参考/わかりやすいプロジェクトの「ゴール例」

新刊『プロジェクト学習の基本と手法』24pより「プロジェクト学習とポートフォリオ活用」の図2-7


新刊名『課題解決力と論理的思考力が身につくプロジェクト学習の基本と手法』より
               著者:鈴木敏恵    出版:教育出版 

アマゾン:『課題解決力と論理的思考力が身につくプロジェクト学習の基本と手法』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4316803506/rosei06-22/ref=nosim

 ポートフォリオとプロジェクト学習のわかりやすい図です。「意志ある学び」を実現するための未来教育の手法であることをたいせつにしていただければと願っています。
この図を活用される方は、こんなふうに使ったよ、と教えてくださるととてもうれしいです。

鈴木敏恵  s-toshie@ca2.so-net.ne.jp
     http://www.suzuki-toshie.net/

2012年1月発刊 「プロジェクト学習の基本と手法」各教科や総合で子どもたちが成長する!




 いろいろなプロジェクト学習の活用

 国語科 「百人一首ガイドブック」をつくろうプロジェクト

 国語科  ツイッターで「言語能力向上」プロジェクト

 算数科 「合同の図形の説明書」作成プロジェクト

 算数科 「クラスオリジナル速度辞典」作成プロジェクト

 理科 「私たちにできる環境保全」プロジェクト

 社会科 「お米の情報が伝わる米袋を作ろう」プロジェクト

 外国語活動 いろいろな国の人の思い共有プロジェクト

 総合的な学習(食)「健康な大人になるための食生活」プロジェクト     

 総合的な学習(情報)「ケータイを安全・安心に使おう」プロジェクト  

 総合的な学習(健康) 「朝から元気でいよう」プロジェクト 学習   

 総合的な学習(国際) 「3カ国間におけるweb国際交流」プロジェクト

 キャリア教育  特別支援学校高等部における自立プロジェクト学習

 進路指導   願う進路へ!ポートフォリオで自己肯定感up


1
pagetop