鈴木敏恵の未来教育ポートフォリオ

「意志ある学び」を叶えるプロジェクト学習や対話コーチング、ポートフォリオ。…創造性のある未来をかなえる哲学など未来教育の知的活動や新しい情報をお伝えします。http://www.suzuki-toshie.net/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ポートフォリオの力      鈴木敏恵
 

1993年の私はいまとおなじことを言っていました。
『めいめい自分の言葉でできることをするために生きている』と『願ってプロジェクトにかかわっています。私のもっているものすべてを使い切って死ぬことができれば、それは人生の最高の贅沢だとおもうのです。』と言っていた・・・21年前のポートフォリオのページ。いまもまったくそうおもう。



















1994年の私はいまとおなじ願いをもっていました。
『子どもたちに魅力的な学校を/メディアを普段着にしよう』と。
・・・・・・・・20年前のポートフォリオのページ


























1994年の私がいまの私へあらためて言った。
『教育、学校、建築を結ぶ接点を"やった""いいね"といった感動体験の視点で考えることが大切』『情報は溜めてばかりではダメよどんどん使わなきゃ、この連続が大事よね』と。
・・・・・・・20年前のキャリアポートフォリオのページ

























 鈴木 敏恵
未来教育プロジェクト学習 のゴール「知の成果物」/凝縮ポートフォリオ/意志ある学び  鈴木敏恵

未来教育クリエータ 鈴木 敏恵

未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」

『千葉大学生がつくる大学生のための課題解決集』



















未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」

岐阜市内全校の教師がつくる
『グラッその瞬間、大切な人の命を守る避難マニュアル』





















未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」

埼玉県内の看護教員がつくる
『プロジェクト手法による新しい授業計画書』


















未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」


『初任者教師がつくる電子黒板と書画カメラで主体的が授業を実現する極意集』




















未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」


『新人看護師がつくる
こんなときこうふるまえるようになろう!
患者さんの心を察して動けるための知恵集』

















未来教育プロジェクト学習
のゴール「知の成果物」


『こうすればうまくいく!
ポートフォリオ職場への伝え方
提案集』














未来教育プロジェクト学習の特徴。

一人ひとりが意志を胸に、ビジョンとゴールを描き未来へ向かうプロジェクト学習
 その最大の特徴は、学習のゴールに他者に役立つ「知の成果物」として元ポートフォリオを再構築して凝縮ポートフォリオを作りだすことにあります。





<参考書籍>
『プロジェクト学習の基本と手法―課題​解決力と論理的思考力が身につく
http://www.amazon.co.jp/dp/4316803506
『グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ)
http://www.amazon.co.jp/dp/4873844525

★ たった100円のすごい愛 ★       鈴木敏恵
 ★ たった100円のすごい愛 ★

 その看護学生は考えていました。臨地実習中ずっと考えていました「摂食・嚥下障害」。
 どうしたら自分の受け持ちの患者さんが嚥下の支障なく食事をしてくれるか。
 どうしたらその患者さんが、自分で食事を減らせるようにできるか。
 道を歩いていて100均ショップの看板をみてヒラメキました。


 スプーン売り場で探しました、見つけました!
 ちょっと品のいい底の浅いティースプーンを!
 翌日、早速、自分の大切な患者さんへ提案してみました
「よかったら、このスプーンに替えてみてくださいませんか?」
 受け入れてくださいました。
 これまで使っていたプラスチックのスプーンの半分くらいしか
 食事の量を掬えないティースプーンは即座に効果を!!

 プラスチックの安易なスプ―ンから100円だけどセンスいいスプーンになったことで…一度にたくさんを口に入れることがなくなり嚥下障害を起こさなくさりました。丁寧に食べるせいか、食事をちゃんと食べられるようになり、自分で自分の食事をコントロールできるようになり、疾患が改善に向かうのが体重をはじめとする数値データにもあらわれはじめました。

 看護師になろうと願う 心優しき若き看護学生は、一人の患者を健やかな方向へ導くことができました。
 髪の短い、ハキハキ話す、輝く一人の看護師を目指す若者から大切なことを私は教わりました。
 大切な人のために出来ることをいつも考えていることの大切さ。
 そしてその人生こそが幸せであること…

 あなたの未来に幸多かれ、看護師を目指すすべての学生に幸多かれと祈ります。
ここに本文を記入してください。


            この出会いをありがとう…  鈴木敏恵
ポートフォリオ導入プラン(3年) ナレッジマネージメント   設計 鈴木敏恵
     未来教育ワークショップcontents

  一人ひとりの「暗黙知」をポートフォリオで顕在化する
  顕在化することで他者との共有、未来への貢献が叶う…

 <ナレッジマネージメントへのポートフォリオ導入3年計画> 
         設計 鈴木敏恵




















  目標管理を変える!
一人ひとりの「成長」を目指す目標管理にしよう
「成長」とは業績でもスキル取得でもなく
人間としての深さや器、他者へのおもい…
おしみなく自らの持てるものを他者へ役立てられること

 キャリア支援を変える!
一人ひとりのもてるもの、資質、感性、創造性…
一人ひとりの経験・仕事・キャリアの顕在化…
まさしくポートフォリ オはここに応える

 組織の活性化
一人ひとりを理解し活かすことが
個人の、組織の、活性化、モチベーション
よき未来への鍵

ここにポートフォリオは生きる。


新人研修 すばらしき三井記念病院の看護師さんたち! ポートフォリオ研修   鈴木敏恵
 

●主 催:三井記念病院看護部

●期 日:4月5日(金) 830 〜 500

●ねらい:「察して動ける人になる」意志と手法を身につける。

●対 象:三井記念病院 新人看護師 

●内 容:講演 <プロジェクト手法とポートフォリオ活用の基本>

     未来教育ワークショップ 

     プロジェクト手法研修/参加型で知の成果をうむ>


 
意欲にあふれた優秀な新人に人気の高い三井記念病院看護部


★★★ 「ポートフォリオで意志ある学び」研修/講師 鈴木敏恵



輝く笑顔の新人看護師さんたち&教育委員のみなさん
鈴木敏恵

←クリックしてください、前向きで生き生きしてて明るくて!未来がたのしみなすてきな笑顔! ほんとうにすばらしいみなさんでした。一日みなさんと充実の未来教育ワークショップができて幸せで贅沢な日でした、ありがとう!!


  三井記念病院看護部は新人育成にポートフォリオ導入

  意欲あふれたすばらしき新人がたくさん集まります。


       「ポートフォリオ教育が魅力で決めた!」と

        笑顔で手をあげてくれた新人看護師たち ↓



 ポートフォリオを丁寧に導入している三井記念病院には、入りたい、働きたい、ここでキャリアスタートしたいと希望する優秀な若者が集まります。


意志ある学び
湧き上がる成長意欲の新人たち。


自らの意志で明確にキャリアをスタートさせた新人










◆ ポートフォリオが前向きてすてきな新人の心を成長へ誘う 
 今年も4月6日にプロジェクト手法によるワークショップ構想&講師をしました。
 例年、前向きでイキイキした新人さんたちです。今年は、さらに一層モチベーション高く、自分の頭で考え、他者とゆたかに対話でき、課題解決力の高く、向上心の高い方ばかり。ここを選んだ理由が、本質的なポートフォリオ活用、プロジェクト学習などで自分が成長できそうだとおもったからということでした。とてもうれしいことでした。


鈴木敏恵の三井記念病院/未来教育ポートフォリオ研修

「意志ある学びができる人」「察して動ける人」をかなえる未来教育ポートフォリオ研修


薬剤師のためのポートフォリオ 連載中 PharmaTribune(ファーマトリビューン)        鈴 木 敏 恵 
  薬剤師のためのポートフォリオ

薬剤師の
藤井 基博さん
古賀裕二さん
新垣知輝 さん
村瀬義典さん
鈴木敏恵

撮影:
木上 裕子さん

    薬剤師のためのポートフォリオ/ホームページ

● 誌名
 薬剤師のための 月刊情報誌 
 『PharmaTribune(ファーマトリビューン)』

● 筆者    鈴木 敏恵 シンクタンク未来教育ビジョン 代表
● 連載期間  2012年11月〜2013年5月
● 連載テーマ

 <ポートフォリオとPBLで成長し続ける薬剤師になろう!>

  第1回 ポートフォリオの基本と活かし方

  第2回 薬剤師のビジョン・ゴールの描き方とコーチング

  第3回 キャリアポートフォリオで切り札を持つ薬局へ

  第4回 実習ポートフォリオで学生が意欲的になる!

  http://www.medical-tribune.co.jp/pt/magazine/121115000205/

『PharmaTribune(ファーマトリビューン)』
● 発行:メディカルトリビューン
● 発行日  毎月15日(年12回発行)
● 発行部数 63,320部(社団法人日本ABC協会認定)
  http://www.medical-tribune.co.jp/business/media/pharmacy/
………………………………………………………………………………………………………………………………………
これまでの「薬剤師へポートフォリオ」の講演


←クリック


つくるよろこび2:さわやかな高校生!ものをつくる幸せ者/内閣総理大臣表彰「第二回ものづくり日本賞」2007年総理官邸    安倍総理と高校生   鈴木敏恵
 * 今年もこの審査員をさせていただきました。すばらしき高校生や中学生、先生方!

わたしは図画工作が大好きでした、いまでも何かを生み出すことがすきです。
写真は2007年に総理官邸で行われた、ものづくり日本賞の内閣総理大臣表彰の様子です
旋盤日本一のさわやかな若者は、安倍総理大臣にも毛利宇宙飛行士にもまして、大人気!
審査員でご一緒した私もまっすぐで繊細な技をもつ高校生と一緒に写真をとってもらいました!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

内閣総理大臣表彰「第二回ものづくり日本賞」2007810総理官邸



「ものづくり
日本賞」






内閣総理大臣表彰

「第二回ものづくり日本賞」2007810

総理官邸にて

旋盤日本一の高校生と安倍内閣総理大臣/撮影 鈴木敏恵


鈴木敏恵(ものづくり日本賞審査員)

甘利経済産業省大臣       木村猛先生(大学評価・学位授与機構長) 毛利衛 宇宙思飛行士  鈴木敏恵

 

 第2回ものづくり日本大賞の様子
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shinkou/mono/index.htm

• ものづくり日本大賞青少年部門選考委員会(高等学校・中学校等クラス)及び青少年支援部門選考委員会 五十音順、敬称略

  木村 孟    大学評価・学位授与機構長
  河野 公子    聖徳大学人間栄養学科教授
  コシノ ヒロコ    ファッションデザイナー
  小柳 栄次    千葉工業大学未来ロボット技術研究センター副所長
  鈴木 敏恵    横浜建築研究所取締役・千葉大学特命教授・一級建築士 
  高澤 秀敏    全日本技術家庭科研究会長
  能智 功    全国工業高等学校長協会理事長
  松崎 吉衛    株式会社日立製作所理事・モノづくり技術事業部長
  水戸岡 鋭治    ドーンデザイン研究所主宰
  毛利 衛    日本科学未来館館長
  山根 一眞    ノンフィクション作家
大学FD :「意志ある学び」を実現するためのプロジェクト学習とポートフォリオ
 ◆法政大学/推薦図書
本書は、「意志ある学び」を実現するためのプロジェクト学習とポートフォリオの使い方などその基本や理論だけでなく、著者の実践に基づく、プロジェクト学習の活用事例も豊 富に掲載されている。プロジェクト学習をスタートするための基本フォーマットも用意されており、関連する文系・理系授業の導入・応用に関する参考図書として推薦するものである。


【推薦図書】プロジェクト学習の基本と手法 鈴木敏恵著 教育出版 2012年2月発行

『プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく』



ポートフォリオ「Sweet Memory in アメリカ山公園」イルミネーション   鈴木敏恵


立体都市公園
横浜もとまち
アメリカ山で
撮影しました。

ポスターよりずっと控えめでシンプルでいいイルミネーション。

とても気にいりました。

鈴木敏恵






もう少しで空が明るくなるくらい無我夢中で無から有をうみだすこと…を何回もったことだろう。

未来教育を夢見て
ずっとずっとそれを現実に一つひとつカタチにして、そのあとカタチなきものにして今日に至っています。

次の本を書いていて、キーボード。



コーヒーが切れて元町スタバへ。

ハウスブレンドを250g買って小さなテープルで書きやすいペンでそこでも原稿の続きのアイディアを考えて、雑踏を愛して。

早く入力しようと自宅へむかう途中

夢の道






夢みたいに現実を生きてきてここにいる
















目に見えるものの奥に、目に見えないものだけを感じて、見て、表現して。

こんどの本は人生と仕事を愛おしく新しくさせるポートフォリオの本。

2013の夏には世の中に出て、まっていてくれる人に届くといいな。

もう少し。


Sweet Memoryは「素晴らしい思い出」という意味
桜満開で自分がつくった未来学び舎を見上げたり
大勢の人によかったよと言われたりしたこともあったけど
みな過ぎたこと。
「素晴らしい思い出」は山程あるけれど
それが今を生きる動機には一切ならない。
思い出を反芻して生きる気はみじんもない。

まだ見ぬ未来だけが私の心をつかみそこへ連れていく
私に見える未来をカタチにして伝えられるものにする仕事をする
ただただそのときが積み重なり、いま。

いまこのささやかで確かなときだけが私を満たす
いいものを、心をこめて生みだしたい

建築もオブジェも企画も本もみな同じところから湧いている
私の奥からあふれる希求するなにか
共通しているのは、現実よりリアルに完全な絵が私に見えているということ
それを誰もが目でみえるようカタチに表現することが仕事みたい

未来デザインの仕事が至福となりいまも変わらずわたしを包む
心が満たされるーたぶんそうそうある人生ではない

だからこそ敬虔な祈りみたいに
目の前の仕事をしていこう
京都府立「京都府立山城高等学校 」学力向上フロンティア ポートフォリオ講演 鈴木 敏恵
京都府立山城高等学校
平成24年度 研究指定事業
・京都府教育委員会指定「学力向上フロンティア校」 講演 鈴木 敏恵

「学力向上フロンティア」事業の一環として、
「ポートフォリオ」の講演をしました。


前半はポートフォリオを作る意義や作り方を講演、後半は生徒さんのポートフォリオを用いて交流し、勉強の仕方の秘訣等を紹介して分かち合いました。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.