鈴木敏恵の未来教育ポートフォリオ

「意志ある学び」を叶えるプロジェクト学習や対話コーチング、ポートフォリオ。…創造性のある未来をかなえる哲学など未来教育の知的活動や新しい情報をお伝えします。http://www.suzuki-toshie.net/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トルコ 教育省や教師 防災担当者のみなさんへ 防災プロジェクト講義とワークショップ JICA で4年前。

 

 

 

 

トルコも地震が多く防災教育を学びに日本へ。

防災 | 09:03 | - | - | - | - |
京都市立伏見工業高等学校の3年生みんなと! 意志ある学びー防災プロジェクト学習 鈴木敏恵
 意志ある学びー防災プロジェクト学習

《京都市立伏見工業高等学校》の3年生みんなと!

 このチームはラクビー部だそうです。うん、日に焼けています!


 やさしい若者たちです!一緒にプロジェクト学習ができて幸せです!!


文部科学省指定事業「中・高校生の社会参画に係る実践力育成のための調査研究」における教育アドバイザー:鈴木敏恵

防災 | 14:37 | - | - | - | - |
「思考力・判断力・行動力」が身につく防災プロジェクト
 
意志ある学びー未来教育    小学校で防災授業をしてきました。
「思考力・判断力・行動力」が身につく防災プロジェクト

  一人ひとりでいるときグラッときたら
  避難シミュレーションで『判断力』を身につける!





………………………………………………………………………
【授業計画】
丹原小学校6年生 総合的な学習の時間
自分の命は、自分で守るための「避難力」を身に付ける。
3・4校時(10:20〜12:00)5校時(13:50〜14:20)
会 場:特別活動室
授業者:鈴木敏恵 先生
………………………………………………………………………


□ ビジョン:どこにいても、地震が起きた時に、自分一人で、安全で的確に避難できるようにしたい。
 
□ ゴール: 「地震が起きたときの、一人でも安全に的確に避難できる場所別避難マニュアルをつくる」
□ 身に付ける力  
◯ 自分の命は、自分で守るための「避難力」を身に付ける。
・状況判断力判断力
・危険予測力
・課題解決力

一人でいるときもグラッときても、自分の命は自分で守れることが大切である。災害はいつ、どこで来るかわからない。いつ来ても、自分の命を守れる避難力(危機回避力)を付ける防災教育が必要である。
 そのためには、センシング能力を磨き高めることが最も有効である。(「避難シミュレーションで命を守る!」鈴木敏恵 著より) 全体をプロジェクト学習の手法で行い、みんなの役に立つ「場所別避難マニュアル」を作るゴールを設定し、学習を進めていく。
写真や図面を使い、頭の中でシミュレーションする防災教育の手法を使い、危険な場所や危険を回避する方法をシートにまとめる活動を行い、よりよい避難マニュアルにしていく。

4月 第3週   準備 :プロジェクト学習についての説明、地震について
             東北大震災から学ぶ(VTR視聴、新聞記事から、など)
4月 第5週  テーマ・ゴール  :テーマ・ゴールを明確化し、シートに書く。
    ・校外(下校中)のシート集で避難シミュレーション
    ・台所の避難シミュレーション
5月 〜   計     画   
6月   情報・解決策 
             ・情報収集・・・シート集など 校内危険箇所点検など
      ・タウンウォッチング・・・地域を歩いて、危険箇所、避難場所など
      登下校途中のいろいろな場で地震にあった時の避難などを考える。
      ・学年避難訓練で確認
      ・校内避難訓練(9月頃)で確認
      ・地域避難訓練(10月頃)で確認/地域毎に避難訓練
      ・マニュアルの改善
10月  製    作
11月  プレゼンテーション 校内、地域でプレゼン 
11月  再  構  築 「マニュアル」完成   
12月  成長確認 

…………………………………………………………………………………………………
□ 授業の流れ1(3・4校時・・・10:20〜12:00)

1 今日のめあての確認
   ◯ 「地震」の時の避難の方法について考える。
   ◯ 「目的」と「目標」について
●ビジョン:どこにいても、地震が起きた時に、自分一人で、安全で的確に避難できるようにしたい。
●ゴール: 「地震が起きたとき、一人でも安全に的確に避難できる場所別避難マニュアルをつくる」
   ◯ ゴールシートを書く。
2 シート集を行う。(判断・行動イメージシート) 
  .掘璽判犬鯀ぶ。
「自宅のまわり」「川沿い」「道」「町中」「商店付近」「身近な場所」「ショッピング」
「大勢が集まる場所」など
 ◆‥係、気温、時刻、日付などを書き込む。
   (設定) ・大雨の中、地震   ・一人で下校途中
        ・午後5時30分頃下校
  写真を選び、自分の立ち位置を書く。
 ぁ仝つけた「危険」を写真の中に書き込む。
 ァ‐貊衒未法◆峇躙院廚砲弔い洞νする。・・・話し合う。
 Α
「ゆれ始め」
「ゆれている間」
「ゆれがおさまった後」
「15分後の行動・判断」を書き込む。
・・・設定を必ずイメージして

 А,佞蠅えりをする。・・・共有しながら、ふりかえりを行う。
 (地区ごとの地図をもとに、自分の位置、避難場所、避難方法
    などを書き込む。) ・・・大きめの付箋に書いて貼る。
   ◯ これからの活動(学習)につなげる。 

………………………………………………………………………………………………………
□ 授業の流れ2 (5校時・・・13:50〜14:20)
1 つぎのめあてにふれる。
   ◯ 家の中での避難の方法を考える。
 
  2 地震の動画を視聴する。
 
  3 台所の避難シミュレーションを行う。
 
 ◯ 家庭の台所の平面図を書いてくる。
 ◯ 写真を貼り、家族とどんなところが危険なのか写真の中に書いてくる。  
 
  (1)台所の図上演習を行う。
    ー分の居場所を決める。
   ◆ヾ躙韻幣貊蠅棒屬念をつける。
    逃げる経路(動線)青で書く。
   ぁ^貳峇躙韻世隼廚Δ箸海蹐鮃佑┐襦(根拠も)
   ァ,修隆躙韻魏麋鬚垢襪燭瓩砲匹Δ垢譴个茲いを考える。
  4 発表し、話し合う。・・・みんなでシェアして話し合う。
………………………………………………………………………………………
【教材シート】
書名「グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ)」 教育同人社    著者/鈴木 敏恵
http://www.amazon.co.jp/dp/4873844525
防災 | 10:42 | - | - | - | - |
プロジェクト学習/学生がつくる自分たちの学校の『避難マニュアル』完成! 鈴木敏恵
 

未来教育プロジェクト学習

小学生がつくる自分たちの学校の『避難マニュアル』完成!

ほんとーーに!役立つ、校内場所別地震が起きたとき、こうしたら助かる! ひとりでいるとき「思考、判断、行動」が見えます!

奥出雲町立八川小学校5、6年生のみなさんの知恵たっぷりです!

 シミュレーション教育→リアル避難訓練→避難マニュアル作成



すばらしい中身です!


3月5日(木)
http://blog.goo.ne.jp/ya…/e/2a4e33e9b16fa8d4cb7e123dbf6995f1
 ↓ 
3月11日(水)
http://blog.goo.ne.jp/yakawa-es/d/20150311
実施:八川小学校    設計:鈴木敏恵

…………………………………
グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ)
鈴木 敏恵
http://www.amazon.co.jp/dp/4873844525

防災 | 10:33 | - | - | - | - |
未来教育の設計思想…再現性のある力を身につける/"避難訓練をする" ことが目的ではなく『思考力、判断力、行動力』  鈴木敏恵
 "避難訓練をする" ことが目的ではない。
『思考力、判断力、行動力』という”再現性のある力”を身につける!     

 「図上演習でイメージする」→「避難訓練をする」の連続性が重要

避難訓練をする ことで"再現性のある力" を身につけることが目的なんだ。
  ここを意識していないと「させる、する」に終えそう,

┌──────────────────────────────┐
    <次世代教育コンセプト/設計思想>
   「身につく力」の自覚、再現、恒常性

  『図上演習でイメージする』→『避難訓練をする』
  机上でイメージしてみたことと現実は違う。
  でも、机上でイメージしているからこそその違いに気づく

その気づきは普遍性や本質とつながる、普遍性や本質を得てこそ、
その訓練や授業や研修で得た知識やスキルは総合的に働く再現性のある力となり”現実につかえる応用力”となる

 そのことを学習者へ伝えること
 「身についた力」の自覚、再現、恒常性
     ↓
学習者へ「自分で危険な箇所を発見する力が身についたね、その力を再現してごらん、今日の帰路、いつもの通学路で。再びその力を現しつかってみることで恒常的な…常に使える力、活用力、応用力として総合的な力となるんだよ!」ってはっきり意識するよう、自分が経験したことの価値を認識するよう伝えることが肝心。
     ここが意志ある学び未来教育プロジェクト学習
     次世代教育のコンセプトであり哲学でもある設計思想
└──────────────────────────────┘





































































































































































































目のまえの現実と対座し自分で課題発見がでるようになることが
どっちへ逃げたらいいか判断できるようになるということ

 .咼献腑鵝別榲)とゴール(目標)を明確にする
   「校内のどこにいても地震が起きたとき助かる!」
◆/涵絮藹1/シミュレーション「保健室」地震時の状態記入する
 図上演習2/校内の場所を自ら選ぶ
ぁ/涵絮藹2/シミュレーション「○○室」地震時の状態記入する
ァ/涵絮藹2/記入したものを共有する
Α“鯑餬盈/図上演習したところで現実に避難できるかやってみる
А\古粍貎佑劼箸蝓屐○室」に一人でいたときどうしたらいいか避難マニュアルを完成させる
………………………………………………………………………………………
3月5日(木)
http://blog.goo.ne.jp/ya…/e/2a4e33e9b16fa8d4cb7e123dbf6995f1
 ↓ 
3月11日(水)
http://blog.goo.ne.jp/yakawa-es/d/20150311
実施:八川小学校    設計:鈴木敏恵
防災 | 17:51 | - | - | - | - |
未来教育ワークショップ in 金沢市 /思考力、判断力を高める防災
子どもたちを守る方たちへ防災研修をしてきました。
 

 思考力、判断力を高める/避難マニュアルづくり










主 催 :金沢市社会福祉協議会
会 場 :石川県社会福祉会館  大ホール
日 時 : 平成27年2月17日(火)
対 象 :金沢市内の認可保育所(80施設)の理事長・園長・保育士 その他職員
形 態 :講義+ワークショップ
ねらい :独自の防災マニュアル作成や、防災訓練の手法を学ぶ
講 師 :鈴木敏恵(元内閣府中央防災会議専門委員/防災人災育成/避難)
   ・避難シミュレーションで命を守る!(鈴木敏恵/教育同人社)
   ・避難シミュレーションシート集S(鈴木敏恵/教育同人社)
 

 

 

放送大学で実施したように教科書とシートのセットできれば有効な研修となるとおもいます。

http://syl-web1.code.ouj.ac.jp/ouj-f261/dt-16279.html

 

 

・避難シミュレーションで命を守る!(鈴木敏恵/教育同人社/1,600/ISBN=9784873844527)

・避難シミュレーションシート集S(鈴木敏恵/教育同人社/600/ISBN=なし)

                  

       担当者 /教育同人社 松原 悦子氏 seto@djn.co.jp  Tel. 03-3971-5152

      (研修テキストとして使う際はシート集とセットで2000円)

 

…………………………………………………………………………………………………

 

上のシートと書籍で展開した研修の成果 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20131009_70635.jpg

 

 

研修の展開(岐阜市教育委員会で実施した教員研修) 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20131009_70636.jpg

http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20131009_70637.jpg

http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20131009_70638.jpg

 

 

シート集の一部 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20131128_130924.jpg

 

 

 

 


防災 | 21:34 | - | - | - | - |
311 第二回未来教育シェイクアウト  鈴木敏恵
            2014年3月11日
  < 第二回 未来教育シェイクアウト実施 >


2014年3月11日第ニ回未来教育シェイクアウト実施。障がい児放課後ディサービースや高齢者介護施設、市役所、消防署、学校、病院など参加。各地の参加者がリアルタイムで情報共有(写真左下クリカの画面)、ustreamで同時中継(写真右上 センターからメール送信とともに情報提供の様子をustreamで提供)。










































































































愛媛県にて実施。新居浜市内の障がい児放課後ディサービースや市内の高齢者介護施設複数・愛媛県西条市の市役所9部署、消防署・島根県の学校・東京の病院など参加。 この3日後14日午前2時6分頃、瀬戸内海西部を震源とする強い地震発生。愛媛県震度5強参加者から驚いた、役に立ったと連絡あり。 実施してよかった。みなさんありがとうございました。鈴木敏恵
…………………………………………………………………………………………………
感想 <介護施設の責任者より>「はじめて本当の避難訓練ができ、”できないこと”がたくさん見つかりました」                    
←←←  "何ができて、何かできないか"を顕在化することは、避難訓練後に必須で有効なことです。すべての避難訓練がそうであってほしいと切望します。そのとき の思考プロセスを自ら追うことは、成長や改善にかならずいることだから。役立つフィードバック、コメントをありがとうございました。<鈴木敏恵より>

感 想 <市役所職員より>「地震発生」のメールを受信した時は、お客さん対応をしている職員もいて、市民を誘導しながら身の安全を確保できるのかどうか不安 も残りました。しかし、そのようなリアルな日常で訓練が始まるので、業務中でもその時いる場所で無理なく色んな部署が参加できました。
このような 訓練を繰り返し行うことで、初動の身を守る行動を体で覚えることができると思います。非常に有効な訓練でした。                   ←←← グラッ!その瞬間、どこにいるか、何をしているか、誰といるかなどで避難はまったくことなります、避難行動、判断にモデルや正解はありません、だ から「ティーチングよりコーチング」が有効なのです。役立つフィードバックコメントありがとうございました。<鈴木敏恵より>

感想 <小学校の校長先生より>やはりこのシェイクアウトの方法、いいですね。緊張感と臨場感がありますね。やはりフィーどパックが大変有効。また、メールで来るだけなのですが、緊張感がありますね。クリカとユーストリームの活用はいいですね

























防災 | 12:00 | - | - | - | - |
鈴木敏恵 防災教育関係 役立ち情報「新しい防災教育と避難」放送大学用ほか ポートフォリオ・プロジェクト学習 
未来教育プロジェクト「新しい防災教育と避難」
                    鈴木 敏恵 オフィシャルサイト

 ─────────────────────────────────────────────────────

未来教育シェイクア2014年3月11日

参加申し込み・お問い合わせ

mirai.bosai@gmail.com


───────────────────────────────────────────────────────
防災教育 放送大学SC 2014年6月




●放送大学面接授業

●心理と教育のコース

●鈴木敏恵












───────────────────────────────────────────────────────────────────────
防災教育 事前学習
NIED 独立行政法人防災科学技術研究所
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/

新強震モニタ
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/

新強震モニタ 説明
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/docs/new_kyoshinmonitor.html

家の中 3.11地震 
http://www.youtube.com/watch?v=9bEQ0uluC44

映像ダイニングキッチン・ワークスペース
http://www.city.chiba.jp/somu/bosai/kagutenntoubousi.html


大地震への備え−(医療施設)機能保持をめざして−想定外は許されない
http://www.youtube.com/watch?v=K3Irmiiw8o4

いろいろな施設「加震実験映像」

http://www.bosai.go.jp/hyogo/research/movie/movie.html


 ────────────────────────────────────────────────────
───────────────────
考える力が身につく防災教育の本


http://www.amazon.co.jp/dp/4873844525
グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ) 
防災 | 12:53 | - | - | - | - |
意志ある学び―未来教育 防災教育研修 プロジェクト学習(鈴木敏恵) 
 意志ある学び―未来教育2013 防災教育研修 プロジェクト学習(鈴木敏恵) 


主  催:岐阜市教育委員会
協  力:シンクタンク未来教育ビジョン
指  導:鈴木 敏恵 (岐阜市教育アドバイザー)
実施月時:2013年8月19日 10:00〜16:30

この『グラッその瞬間、大切な命を守る避難マニュアル』は、平成25年度岐阜市立小・中学校教員研修に参加した教師たちが、未来教育プロジェクト学習の手法(ビジョンとゴールを明確にして、チームで課題解決へ向かい価値ある知の成果を生み上げる学習手法)で、自ら防災教育・PBL手法によるシェイクアウトを体験しチームワークで生みあげた「知の成果物」です。
 




←凝縮ポートフォリオ    
「岐阜市立小中学校教員がつくった
グラッその瞬間、大切な命を守る
避難マニュアル」表紙


思考力、判断力、表現力が身につく防災プロジェクト学習の知の成果物























←凝縮ポートフォリオ    
「岐阜市立小中学校教員がつくった
グラッその瞬間、大切な命を守る
避難マニュアル」概要と展開


思考力、判断力、表現力が身につく防災プロジェクト学習の知の成果物














←凝縮ポートフォリオ    
「岐阜市立小中学校教員がつくった
グラッその瞬間、大切な命を守る
避難マニュアル」展開


思考力、判断力、表現力が身につく防災プロジェクト学習の知の成果物



















←凝縮ポートフォリオ    
「岐阜市立小中学校教員がつくった
グラッその瞬間、大切な命を守る
避難マニュアル」うしろ表紙


思考力、判断力、表現力が身につく防災プロジェクト学習の知の成果物
防災 | 12:43 | - | - | - | - |
プロジェクト手法による防災教育・避難訓練・避難マニュアル作成   講師 鈴木敏恵
プロジェクト手法による防災教育・避難訓練・避難マニュアル作成

岐阜市教育研究所


プロジェクトチームで最新最鋭の防災教育・避難訓練・避難マニュアル作成




































































































































































































プロジェクトチームで最新最鋭の防災教育・避難訓練・避難マニュアル作成

実施:8月19日 10:00〜16:30
主催:岐阜市教育委員会
場所:岐阜市教育研究所
対象:岐阜市内全小中校50校の先生 81名参加(13チーム)
内容:図上演習 避難訓練 防災マニュアルづくり
指導:鈴木敏恵(公職歴:内閣府中央防災会議/避難・人材育成/専門委員)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10:00       講義  開始
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ 今日の研修のビジョン・ゴール
  (シェイクアウト用 空メール受信)
□ プレゼンテーション「東日本大震災/学校施設における避難と情報」
資料
http://miraikyouiku.jugem.jp/?eid=175
http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20120603_564660.jpg
動画
http://www.youtube.com/playlist?list=PL924B6F568352C4D1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10:20       ワークショップ  開始
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 防災教育 】
□ シート集の構造と使い方を説明する
    各チームごと シート2〜14 を実施 10分
    全チーム   シート25   を実施 10分
    全チーム   シート26   を実施 10分
□ テストメール(朝 空メール)/最初にチーム編成

11:20 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 避難訓練 】
   校内シェイクアウト
  (想定9/20、小学校6年生、掃除の時間1:30〜1:50の間 大風、豪雨)
  (各チームに一人、ADHD、緘黙/かんもく、骨折  児童設定)

11:50 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
□  第一時避難所(東2Fの玄関)集合後 研修室に戻る

13:00 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 避難マニュアル作成 】
    制作へのコーチング
   「具体的な言葉、動き、何でどう身を守るか」

14:00 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ プレゼンテーション開始
    1チーム3分×13チーム

16:00 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ 学校における【 防災教育 】【 避難訓練 】【 避難マニュアル作成 】
  総合で防災、教科国語で防災、学力Bとの関係など講義
   シートの使い方

16:30 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ 修了
防災 | 12:13 | - | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.