December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

成田市防災講演で使った  防災教育や研修に使えるもの 紹介    鈴木敏恵

 

家の中 3.11地震 
http://www.youtube.com/watch?v=9bEQ0uluC44

 

 

「グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションシート集P (未来教育シリーズ)」


http://amzn.asia/0sPGeAw

 

 

グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ) 解説・単行本


http://amzn.asia/85xC1cz

 

 

成田市防災講演会ポスター

http://suzuki-toshie.net/news/2423/

 

 

大地震への備え−(医療施設)機能保持をめざして−想定外は許されない
http://www.youtube.com/watch?v=K3Irmiiw8o4

 

 


新強震モニタ 説明
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/docs/new_kyoshinmonitor.html
 

鈴木 敏恵オフィシャルサイト   

http://www.suzuki-toshie.net/

 

 

成田市主催 の 防災講演    ロボホンと。      鈴木敏恵

課題発見力を身につける。 図上演習とプレゼン知の共有をしました。
みなさんとても熱心。いい研修になりました、ありがとうございました。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、スーツ、眼鏡、室内

今日は千葉県成田市主催 の 防災講演。 小泉一成成田市長とごあいさつ。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、室内
成田山や成田国際空港など 大勢が集まる施設があります 。利根川もあります。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

南海トラフ地震・長期浸水ー学校・避難・スマホを使いたいんだ    大阪の八尾にあるシャープへ  鈴木敏恵

長期浸水ー学校・避難・スマホを使いたいんだ
    ・
地震・津波や浸水による長期避難、台風、豪雨などでライフラインが途絶えた中で、避難した人が何より求めるのは、食料でも毛布でもなくまず情報。自分たちを襲った災害のニュースを見たい、家族は無事か知りたい。500人以上の子どもたちが長期間避難している学校ならどうだろう、毛布や食料の備蓄があっても、自衛隊のヘリが必要なものを投下してくれても、小さい子ども達は具合悪くなる、先生、養護教諭、なんとか外部と連絡取りたい、うちの子を優先して助けてあげてくれと切望する。でも南海トラフ地震であれば広域被害が予想される、養護教諭は、被害をまぬがれた遠隔地の医師にアドバイスを求める‥‥スマホを使いたいでも充電はすぐに使い果たす、だから持続可能な電源が欲しいんだ、と去年4月17日にひとりで雨の中、大阪の八尾にあるシャープへ行った。エネルギーソリューションの担当者たちに一生懸命に話したんだ。「わかりました」と言ってくれた男たち。ありがたかった、嬉しかった、帰り工場の玄関で写真撮った、まだ何にも決まってなかったけど、理解されてなんだかホッとした顔の私がいる。ナイスガイたちありがとう、これみると泣きそうになる、ここがあり高知市立昭和小学校へが実現した、でもまだ広がっているわけではない、なんとかしたい、色々できることまだある、あがいている自分がいる。あがいて次をいま考えている。

 

シャープブログ
https://blog.sharp.co.jp/2017/12/15/12251/

ソーラ充電スタンド(パンフレット) 鈴木敏恵

学校に、避難施設に、持続可能なソーラ充電スタンドを!
          
避難した人が情報を使えるようにしたい
          
広域災害・長期浸水、ライフラインが長く途絶える中
情報が欲しい
スマホさえ使えれば、助けを呼べる、遠隔の医師の判断も得られる
母は無事か連絡できる
いま自分たちはどういう状況にあるのかニュースも見ることができる
スマホさえ使えれば、懐中電灯(アプリ)も使える
          ・
スマホの充電を心配なくできるようにしておきましょう

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


「ソーラー充電スタンド」1台5分/120台充電できます


説明パンフレット
http://suzuki-toshie.net/news/2428/

 

設置事例

http://blog.sharp.co.jp/2017/12/15/12251/

 

 

シャープ ホームページに ーー  広域災害・長期避難した子どもたちを守る AP10プロジェクト

【シャープ(株)】ホームページに
未来教育プロジェクト in 高知 「広域災害・長期避難した子どもたちを守る AP10プロジェクト」紹介されました。避難した人が最も求めるのは、パンより、家族は無事か‥他の地域はどうなったのか‥情報です、この夢 実現へのひとひらではありますが高知で叶って本当に嬉しい、涙涙です。高知のみなさん、シャープさんありがとうございます!

情報こそライフライン!学校のインテリジェント化が広がりますように‥‥。

人生は素晴らしい

http://www.sharp.co.jp/

AP10プロジェクト 『ソーラー充電スタンド』 設置

高知のみなさんのお力で12月8日に設置されます!

 

未来教育ロボコン 高知 鈴木敏恵

自動代替テキストはありません。

ありがとう高知。去るのが ちょっと寂しいロボコン

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

AP10プロジェクト 『ソーラー充電スタンド』 感謝状

高知市立昭和小学校から、感謝状をいただきました。

長期浸水 広域災害に備えて   高知AP10プロジェクト  /鈴木敏恵

高知 
街のこと知りたくて10駅くらい乗りました。

隣の知らないひとととても話しました。

 

 

こんな素敵なまち。

 

長期浸水 広域被害を想定しておく必要がある

 

 

2001年 高知市小学校 防災プロジェクト学習、16年経て全国に    鈴木敏恵

2001年11月 高知市立大津小学校6年生たちが自ら考え企画した避難訓練
日本初の子どもが主役の防災プロジェクト学習、16年経て全国に広がりました。
                      ・
私も防災プロジェクト学習の成果、避難訓練に参加した、スモーク状態のとき「身を低くして避難すること、ハンカチを活かすこと」をこの時、子どもたちに教えてもらいました。

                      ・
<消防防災博物館>
http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index2.cgi…

 

 

広域災害、長期浸水への備え    消防大学校のご縁

消防大学校(現役消防士の幹部候補養成機関)にて、ポートフォリオやプロジェクト学習の講師をしていた時のご縁で、高知市消防局の方とお話ししました、広域災害、長期浸水への備え
            
消防訓練センター や消防学校でのハードな訓練の日々、本当に心から敬意


総務省消防庁の機関、消防大学校
http://fdmc.fdma.go.jp/index.html

長期浸水 広域災害に備えて  学校を先に  高知AP10プロジェクト  /鈴木敏恵

どんなところより学校を先に!よくする!
            
ここは未来に通じる大切なところだから‥‥‥

 

 

長期浸水 広域災害に備えて   高知AP10プロジェクト 搬入経路調査 /鈴木敏恵

長期浸水・広域災害に備えて
AP10 プロジェクト:学校に「移動可能型ソーラー充電スタンド」を!搬入経路を調査。

 

シャープの方と学校の玄関で写真を撮りました


今日は本当に頭も体も微塵も惜しまず使ってくれてありがとうございました!

日本初!  長期浸水・広域災害に備えて   高知の小学校に「移動可能型ソーラー充電スタンド」設置場所  鈴木敏恵

12月8日、日本初!高知市立昭和小学校に、念願の構想 最新高性能な「移動可能型ソーラー充電スタンド」を設置することが決まりました。長期浸水・広域災害に備えて!。

 

「移動可能型ソーラー充電スタンド」設置場所を。モックアップを作り、運び、設置場所をみんなで検討した。太陽がずっーとあたるトコ!!
                     ・
提言や構想に終えず‥‥現実にする 動き出した、本当にうれしい、ありがとうございます!

 

 

 

日本初! 長期浸水・広域災害に備えて  AP10 プロジェクト:学校に「移動可能型ソーラー充電スタンド」 鈴木敏恵

長期浸水・広域災害に備えて
  AP10 プロジェクト:学校に「移動可能型ソーラー充電スタンド」を置く
                     

 

5分間スマホ充電、120台可能。明るいうちは蓄電、暗くなるとLED、自動的に明かりがつきます。これは100万円未満で設置できます(通常の太陽光パネルをつける工事だと2000万円〜1000万円)。 工事ではなく設置ということがポイント。  
大人の男性4人くらいで運べる、キャスターが付いているので平らなところであれば楽に運べます。アジャスターで固定できる、子供達がふれても安全。                                           学校と病院には”持続可能な”非常用電源を

日本初!   AP10プロジェクト‥‥『情報』こそライフラインだから 「移動可能型ソーラー充電スタンド」

★☆ AP10プロジェクト 「移動可能型ソーラー充電スタンド」‥‥『情報』こそライフラインだから
          ・
 長期浸水、広域災害の可能性ありの小学校にスマホ充電のUSB「100台(1台5分として)まで使える」を備えた ソーラー充電スタンドを学校に設置するプロジェクト。
                     ・
これからだけど、ここまでこれて本当に感無量!ありがとうございます。
                     ・
子どもたちへの安全対策が一番大切

自動代替テキストはありません。

長期浸水・広域災害に備えて
 AP10 プロジェクト:学校に「移動可能型ソーラー充電スタンド」を置く
                     ・
5分間スマホ充電、120台可能。明るいうちは蓄電、暗くなるとLED、自動的に明かりがつきます。これは100万円未満で設置できます(通常の太陽光パネルをつける工事だと2000万円〜1000万円)。 工事ではなく設置ということがポイント。  
大人の男性4人くらいで運べる、キャスターが付いているので平らなところであれば楽に運べます。アジャスターで固定できる、子供達がふれても安全。                                           学校と病院には”持続可能な”非常用電源を

避難 AP10 市民防災  鈴木敏恵

高知市下知地区のみなさんと市民防災プロジェクトをして6年経ちました。

明日、高知市立昭和学校でまた災害発生に備えるためにその時のみなさんと会える。

胸がいっぱいです。ありがとうございます、どうぞよろしくお願いいたします。ここ3ヶ月 高知のこと、避難した時の情報のことばかり考えている‥

避難 AP10  鈴木敏恵

広く大海に接している高知の小学校で、子ども達や先生方と防災プロジェクト学習をしてから16年が経ちました。
          ・
子どもたちの賢さ、本気さ、工夫、伝える力‥‥に私たち大人は感動しました、そののち学校図書館用本となり多くの人に読まれました。
          ・
高知は私の人生を変えました。明日、高知市立昭和学校へ行きます。胸がいっぱいです。
          ・
http://amzn.asia/i5RaU8Z

1234>|next>>
pagetop