October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

評価 への考察   「 レーダーチャート 」  鈴木 敏恵

レーダーチャート の無意識における捉え方

 

教育や人材育成の現場で、「レーダーチャート」で、評価の観点への到達度を見やすくすることがあります。それを当たり前のように一切の疑問を感じることなく受け入れ、活用することでいいのか? いくつかの課題を以下にあげたいと思います。

 

 

□  課題1ーレーダーチャートを見るとき、皆 外側、到達度が高い方がいいと見る

 

    無意識のうちに、全ての項目が、高い数値 外側に近い方がいい と見ないか?

    もし

   「個性」という視点で見るのであれば、お店により、際立つ特徴を表現するために

   突出しているところが違う!面白い と”全てが外側でない””ことがポジになる!

 

□  課題2ー レーダーチャートの項目の作りかた なぜその項目にしたのか?

        その項目(評価の観点)(の選択)がそこにあることは正しいのか?

         なぜその項目を選択したのか?

 

  * 例えば「出席度」と「論理性」は同列でいいのか?

 

□  課題3ー 一つの項目における「到達度」に根拠はあるのか?

      何を元に、根拠に、20パーセントとしたのか

      教師が学習者へ。学習者の自己評価。

 

□  課題4ー この項目(評価の観点)にない、特質、ずば抜けた才能、個性、などは見なくなる

 

□  課題5ー

 

プロジェクト学習の基本と手法 9刷決定!!      鈴木 敏恵

みなさんありがとうございます。

 

9刷決定!!

プロジェクト学習の基本と手法

―課題解決力と論理的思考力が身につく
著者:鈴木 敏恵   

出版:教育出版 
http://amzn.asia/8ggyVze

自動代替テキストはありません。

教育出版 (2012/2/1)

AI時代の教育と評価  

―意志ある学びをかなえるプロジェクト学習 ポートフォリオ 対話コーチング   2017/6

著者:鈴木 敏恵   

出版:教育出版 

著者:鈴木 敏恵   

出版:教育出版 

12345>|next>>
pagetop