July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アクティブラーニング/プロジェクト学習の公開プレゼン

大阪で朝一、プロジェクト学習の公開プレゼンの打ち合わせ。進行、司会を仕切る切れ味のいい2年たちとパチリ。

成長した2年生たちに嬉しいおどろきです!

 

香里ヶ丘看護専門学校

 


 

 

『自分自身が成長したい』と切望していること『先生方の熱心さ』の賜物です!

アクティブシンキング + <アクティブラーニングの評価>‥‥『戦略的な計画』のセオリー

< アクティブシンキング> + <アクティブラーニングの評価>‥‥『戦略的な計画』のセオリー

 

☆ 「計画しなさい」「計画表を作成しましょう」とただ言うだけであれば、教師でなくても出来ます。 次世代プロジェクト学習を実践する際は、「計画とは何か」そのセオリーを学習者が理解できるようわかりやすく説明できる必要があります。

 

☆ 計画(プラン)→戦略(ストラテジー)へ。現実の計画→戦略。

 

☆ プロジェクト学習において計画を立てるとは、自分がすべきことを自分で考える力を身につけること=自立・自律。

 

☆ プロジェクト学習の計画は戦略的であることが求められます。机上の計画であれば子どもでもAIでも出来ます。現実をステージにするプロジェクト学習は現場へ行く、人に会う、そこで生きた情報を自ら得ることが不可欠です、そこには戦略的な計画が必要となります。それは意志ある人間にしかできません。

 

☆ 次世代プロジェクト学習は、現実と対座しその課題を解決するものです。そのために『計画』のフェーズは最もアクティブシンキングが求められるシーンと言えます。

 

☆ <アクティブラーニングの評価>‥‥『計画』を立てるセオリーを再現性のある力として身につけたかを評価します。目標達成のためには何をすればいいのか、どんな情報が決定的に要るのか、そのために現実的にいつ誰とどんなことに気をつけ、準備して動けばいいのかーーー自分の頭で考え判断し行動できる力がここで身についたのか。

 

ここに本文を記入してください。
 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
『プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく 』88ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4316803506
☆ アクティブラーニングをこえて
https://www.amazon.co.jp/dp/4260023853
新刊予定『AI時代の教育と評価』5章より抜粋
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

12345>|next>>
pagetop