鈴木敏恵の未来教育ポートフォリオ

「意志ある学び」を叶えるプロジェクト学習や対話コーチング、ポートフォリオ。…創造性のある未来をかなえる哲学など未来教育の知的活動や新しい情報をお伝えします。http://www.suzuki-toshie.net/
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
《アクティブな学びを実現する設計思想と教育手法》知の再構築/「元ポートフォリオ」から「凝縮ポートフォリオ」に再構築する/鈴木敏恵
 《アクティブな学びを実現する設計思想と教育手法》

放送大学スクーリングでの質問に答えます。


Q 「ポートフォリオの再構築って……最後にA3にまとめるということ?」

A いいえ 知の再構築は「まとめ」ることではありません、思考の構造化(ロジカル)が表現されたものです。A3サイズの1枚に表現するのは、知の構築、構造=「思考を俯瞰」することを意図しています。
凝縮ポートフォリオは、思考の構造を可視化したロジカルシンキングを視覚的にとらえることができるビジュアル表現ともいえます。テキストだけで思考を表現する時代は過ぎました。知のパーツをどうレイアウトして視界に映るようにするかという客観性で表現します。

思考、判断、表現のあらわれである知の再構築のデザインは、まさしく知の凝縮コンテンツそのもの。”Why So”、”So What”が矢印でそのパラグラフをつなぎます。だからクオリティーの高い「知の再構築」は、パッとみただけでその学習者の頭の中の論理性が確認できるのです。

「元ポートフォリオ」から「凝縮ポートフォリオ」に再構築することは、文字どおり”構築”することです。例えば、梁、柱、スラブという部材がある、それは必須の要素(部分)です。これらは適切に組み合わされ立体的な建築となり完成物!となります。梁、柱、スラブをまとめる、とは言いませんよね。、自分の手と頭で研ぎすまされた感覚とスキルでクオリティーの高い梁、柱、スラブをつくります。そしてセオリー(この場合、接合、組み合わせ=思考の構造)を原理原則として論理的に構築することとなります、プロジェクト学習に”まとめ”という活動はほぼないと言っていいでしょう、なぜなた「まとめる」には思想がありませんから。意志ある学びプロジェクト学習の根底には明確な設計思想が存在します、だから単に「まとめる」という行為はないのです、凝縮、緻密、で奥深い知を求めます。それはプレゼンテーションスキルを身につけるよりはるかにすごいこと。

プレゼンテーションで終えない、ここが学習者にとっても教師にとってもねばりどころ。プレゼンテーションはその場のパフォーマンスでけっこうウケます、未来教育プロジェクト学習ではそれを大事としません、容易なビジネススキルにも似たことを求めません。だからこそプレゼンテーションで終えない、知の再構築、その中身、その意志を大事にします。自分の頭のなかに倫理性がありそれを
客観的に、他者にもわかりやすく表現できることを大事にします。いちばん大事なのは自分の考えを自分の口で言えること(考えるためには「自分で情報を獲得」する必要がある)。どっちが大事かといえば、自分の考え、であることはいうまでもありません。考えもないのに、器用に表現しても意味がない、そんな人を育ててはいけない。

知の再構築…未来教育プロジェクト学習のゴールは《他者に役立つ知のアウトカム》ここに究極の戦略あり。客観性、貢献性、意志、人は自分のため、教師に提出するため、より誰かの役に立つことができるかもしれないものを目指すことで内在する知や感が湧き上がるように開くから。人間のすごさ、すばらしさ、精神性に驚嘆します。
………………………………………………………………………………

設計思想
先にコンセプトがあってつくりあげていく こと

建築にも教育にも設計思想がいる

設計思想をもっているかの問いは、
価値あるものを内在しているかの問いに似て

設計思想は凛として
何のために生きるのかの問いにも似て。
………………………………………………………………………………
【鈴木敏恵 講演会】
高校も看護学生も大学生も教師も看護部長もみな実践をプレゼンします!
http://img-cdn.jg.jugem.jp/cb9/2320376/20150616_635955.jpg

未来教育の設計思想 プロジェクト学習=「問題基盤型学習」ではない  鈴木敏恵
 未来教育の設計思想 ー 私が建設現場で学んだこと

プロジェクトは「夢の結実」

プロジェクト学習は、与えられた課題を解決するものじゃない。
プロジェクト学習=問題基盤型学習といわないで(カタイし!)プロジェクト学習は、問題をベースにするものではなく”プロジェクト(夢)”をベースにする学びだから…。


プロジェクト=構想。構想にはビジョンとゴールがある。
プロジェクトって未来へ夢やビジョンを描きワクワクと向かうもの…
プロジェクト学習は、ビジョンを描き自ら課題を見いだしいい未来へゴールへ成長していくものなんだ。

現場は朝から晩まで課題だらけだ。でもここで働く職人たちもゼネコンの人たちも設計者たちも課題のために働いているわけじゃない。この建築をカタチにするんだと夢をかなえるために身体も心も魂もすべて尽くして働いているんだ。
…………………………………………………………
プロジェクトは夢の結実。
夢はひとりじゃ叶わない。
未来をよくするために一人ひとりの違いを活かし知恵や戦略を出し合いチームワークで解決していく…それがプロジェクト学習!

未来の学び舎をデザインし以来ずっとプロジェクトをしてきた気がする…幸福な人生に感謝します。夢をカタチにしてくれた現場の職人さんたちや陰に日向に力になってくれた人に感謝しています。
私は建設現場でプロジェクトを学んだ、価値あることを学んだ、いまだから気づいた。カタチという成果になるプロセスにはひとの膨大な知識、情報、人手、工法、知恵等々があるということ。「目に見えるもの」の奥に大事なものがあるという事実。
未来教育の設計思想「プロジェクト学習とアクティブラーニング」鈴木敏恵
未来教育の設計思想
プロジェクトには、人が成長するすべてがある。

プロジェクト学習とアクティブラーニング  




































プロジェクト学習とアクティブラーニング  

プロジェクト学習は、調べ学習・体験学習・アクティブラーニングなどさまざまな活動を包括する。目的も目標もなく、調べたりアクティブになれる人はいない。何のために調べるのか、何を目指して体験するのか…アクティブに学ぶためには、そこに意志がいる。何のために何をやり遂げたいのかーービジョン(目的)とゴール(目標)がいる、これがプロジェクト。自分の意志で向かうプロジェクトだからアクティブになれる。

私は建設現場でビジョン(目的)とゴール(目標)の大事さを学んだ。
現場には、必ず「パース(建築の完成予想図)」が掲げられている、だからここで働く現場の人たちもみな未来にここに何が建つかを知っている、数年後、完成した建物のそばを車で通るとき……現場監督や設計者だけでなく現場で鉄筋工も鳶も「これ俺がつくったんだ」っていうんだ、誇らしい顔で。それは彼らが、ここで汗も知恵も出したから。
ーーーーーーーーーーー
私は建設現場でプロジェクトを学んだ、生きていくのに大切ないろいろな力を身につけた気がする(自分の夢をかなえるためにはそうしないとならなかったんだ)……2000を超える職種が次々に現場に登場し互いの仕事の兼ね合いをつけ自分の仕事をして去っていく究極のチームワークと時間管理。課題発見力、なんとか職人さんに自分のデザインを伝える工夫、意図が大事ということ。自分の考えを根拠をもって言える力、意匠、構造、設備、法規、近隣住人との交渉、材料のこと、製品名と商品名がちがくて混乱すること、新しい工法が次々に生まれている事実、サッシュのディテール、現場監督の男気!たくさん学んだ。なにより自分を信じて素直に生きること、職人さんたちへ感謝すること…これらすべてを総合して考えてそれを表明して仕事をすること、を学んだ。
何より夢がカタチになる喜びーー生きているすごさ、プロジェクトにはすべてが詰まっている。
八川小学校5・6年生たちと総合的な学習の時間/プロジェクト学習  鈴木敏恵
 利発な八川小学校5・6年生たちと総合的な学習の時間/プロジェクト学習
  「地震が起きたときの場所別避難マニュアルを作ろう!」
   
           思考力、判断力、行動力
    
❍ビジョン:
校内のどこにいても地震が起きたときに自分だけのときも安全で的確に避難できるようになりたい
❍ゴール:
「地震が起きたとき、こうしたら助かる!八川小の場所別避難マニュアルをつくる!」
 

❍ねらい(身に付ける力)
1. 状況判断力
2. 危険予測力
3. 課題解決力
■概要
 仮想保健室での避難シュミレーション(図上演習)を全員で行った後で、「こうしたら助かる八川小の場所別の避難マニュアルを作る」というゴールを設定する。そして、児童一人一人がそれぞれの学校の特別教室等での避難について考え、危険な場所や危険を回避する方法をシートにまとめる活動を行う。最後にそれを全体に発表し、共有しながら、よりよい避難マニュアルにしていく。
平成27年3月5日(木)3、4校時(10:45-12:20) 
■授業の流れ
1. 保健室の避難シュミレーションを行う。
(1)シート集25を行う。
居場所を決める
逃げる経路を青でかく。
危険な場所に赤で印を付ける。
一番危険だと思うところを考える。(根拠も)
その危険を回避するためにどうすればよいか考える。
 (2)発表し、話し合う。
2.ビジョン・ゴールの設定(本時のめあて)
❍ビジョン:校内のどこにいても、地震が起きたときに子どもたちだけで安全で的確に避難できるといい!
❍ゴール:「地震が起きてもこうしたら助かる八川小の場所別避難マニュアルをつくる!」
3.自分の場所を選び、考える。
 ※保健室と同様に考える。
4.発表をし、話し合う。
  ・各自が発表し、よりよいものになるように改善部分がないか話し合う。
5.振り返りをする。
グラッ! その瞬間どうする 避難シミュレーションで命を守る! (未来教育シリーズ)
鈴木 敏恵
http://www.amazon.co.jp/dp/4873844525

新人フィードバック研修  プロジェクト手法・ポートフォリオ  鈴木敏恵
 
新人フィードバック研修


       1年間の素晴らしき日々がつまったポートフォリオ
       この出会いに感謝!
       どうしたら患者さんにもっとよくできるかに心を砕く
       このやさしさ、いつもやっぱりグッとくる…。

島根県立中央病院のすてきな新人看護師!


講師:鈴木敏恵
プロジェクト学習は 明確な ”フィードバック” を可能とする   鈴木敏恵
 学習にフィードバックはかかせない


         フィードバック のコーチング 

    プロジェクト学習は 明確な ”フィードバック” を可能とする!

結果よりプロセスが大切
★ フィードバックのセルフコーチング 
『私は、何のために(目的)、何をやり遂げたかったのか(目標) 』と自らに言おう。
「Aにいるべきなのに、A’にいる…ズレてる私?“」と自分で気づき、軌道修正してAへ戻れる。
著作「新しい教育を始めよう〜成長へと導く思考プロセス(仮)」2015.8  著:鈴木敏恵
……………………………………………………………
がむしゃらにゴール達成することをねらいとしてはいけない。
そのプロセスに意味を持たせ、自ら成長する。
PBLのフェーズは「思考の時間」。
そこで静かに立ち止まりフィードバックする。
それが意志ある学びーー“未来教育プロジェクト学習。
 コンセプトデザイン・作図:鈴木敏恵
次世代教育 プロダクトを生む学習 ・  プロジェクト学習の成果物 (Product) とは…    鈴木敏恵
 

次世代教育
プロダクトを生む学習

            プロジェクト学習の成果物 (Product) とは…


 凝縮ポートフォリオ = 他者に役立つ“知のアウトカム”

 それは、調べたことの「まとめ」でも
 やったことの「報告レポート」でもありません。

 もっととも有効なプロダクト
 それは、他者に役立つ「具体的な提案」
 なぜならば…課題解決力、論理的思考を身につけることが
 プロジェクト学習のねらいだからです。
 他者に提案するためには論理的思考、根拠ある情報、わかりやすさ、貢献性、
 簡潔性、知の構造の理解がいる、相手の思考回路や状況を把握しようとする必要があります。

プロジェクト学習の成果物 (Product) をうみあげることが目的ではなく、このプロセスで成長すること、思考力、判断力、表現力を身につけることが目的です。

 2001 未来教育書籍より
……………………………………………………………………………………………

プロジェクト学習
自ら課題を見いだし、根拠ある情報を獲得し、チームで話し合い、課題解決のアイディアを生み出します。こうすればという「具体的な提案」を俯瞰性のあるデザインで表現します。

元ポートフォリオを再構築して凝縮ポートフォリオをつくります。
読んだ人の役立つ論理性・エビデンスが鍵となります。

目標へのプロセスで様々な経験をしコンピテンシーの修得、成長します。
元ポートフォリオを再構築して「凝縮ポートフォリオ(他者に役立つ知のアウトカム)」を生み出します。

■修得知 : 凝縮ポートフォリオ作成で「身につく力」
・                =プロジェクト学習のねらい
   □ 俯瞰視座  □ 普遍性  □ 思考力 □ 論理的思考 
   □ 客観的思考 □ 経験の価値化 □ 暗黙知の顕在化

…………………………………………………………
      <ポイント>

プロジェクト学習の成果物とは調べたことの「まとめ」ではありません。 
知の成果物には、自分のビジョンゴール=価値観を必要とします    
 
「調べ学習」=「プロジェクト学習」ではありません
探究、調べる、アクティブ、これらはPBLの活動の一部です。    
プロジェクト学習には自分の意志で向かう目標と自分の考えが存在します 

凝縮ポートフォリオは、不要なものを一切研ぎおとし、自分の考え出した解決策が伝 わるように最適に組み立てること
…………………………………………………………
プロジェクト学習の成果物 (Product) = 他者に役立つ“知のアウトカム

・ 再構築(凝縮ポートフォリオ)のつくりかた
・再構築フォーマット   
・再構築説明3.(Pdf)
 
サイト
http://miraikyouiku.jugem.jp/?eid=430

サイト
http://www.toshie-suzuki.net/strategy/menu.htm

サイト
http://www.mirai-project.net/whatis/mp6.gif

…………………………………………………………
参考:

書籍「総合的な学習・プロジェクト学習ポートフォリオ解説書
    ―21世紀を生きる力が身につく! (意志ある学び未来教育2003)」
    http://www.amazon.co.jp/dp/4873841127
    出版:教育同人社 
 

書籍「プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく 」
   45ページ、113ページ
    http://www.amazon.co.jp/dp/4316803506
    出版:教育出版

次世代教育  『 主体性 』とは  鈴木敏恵
 次世代教育  『 主体性 』のまえに…

「主体性」という言葉をいま書いている本のなかにつかうとき、必ずためらう私がいる。主体性は教育できるのか、できるかもしれないけど、「主体性を教育するぞ!」という人にはできないだろう。「主体的に動きましょう!」と言われて動いても、そこに主体性ないし…。






























主体性とは、ただ「自ら行動できる」ではない。主体性とは、自分で状況を判断して自分の意志で行動できること。主体的な行動のまえに、「状況」を判断できる、ことがいる。状況を判断できるためには、目の前の「現実と対座」して、そこから静寂な情報をしっかり獲得できる力(クリティカルシンキングにも近い知性)が要るということ。
未来教育はここに応えカリキュラムをデザインする必要がある。
………………………
いま書いている新刊の「課題発見から解決の思考プロセス」のページから。
図、未完。

次世代教育‥‥  『課題解決力育成』 vs 『教え上手』? 
 次世代教育‥‥  『課題解決力育成』 vs 『教え上手』? 

課題解決能力は知識でなく思考プロセス。『課題解決力』を育てたいなら「結果」でなく「プロセス」をみること必須。ポートフォリオは単なるツール、でも!『プロセスが見える』大変価値あるツールだ。

【 前提1】…課題解決プロセスを見る視力が教育者にあるか?
『課題解決力』を育てたいなら、その一連の思考、判断、行動(Does)のプロセスを見る力がいる、やったこと=「行動」だけをみない。その行動の奥にある、思考、判断の一連の思考プロセスを見る、それらのホリゾント込みで…。その「課題解決プロセス」にぬかりはないか、エビデンスで構築しているか。それをみることができるためには、自身が課題解決プロセスを把握している必要がある。


ポートフォリオで「思考プロセス」を追うことができる。そのためには前提として
指導しようとしている自らがゼロベースでものごとを見ようとしているか、自ら考え判断し行動しているかを問う必要があるだろう。未来教育…そこには「知識やスキルを上手に教えられる力」とまったく違う能力と感性が求められるのだ。ファシリテータやコーチングでくくられない知性。

【 前提2】…ポートフォリオにプロセスが入っているか?
それはそう容易なことではない、プロセスを入れましょう、とコマンドするだけで、ポートフォリオにプロセスは入らないからだ。だからといって「とりあえず作らせたポートフォリオ」には真価はない、それをベースに指導や評価をすることはそもそも出だしがオカシイ。

【 前提3】…知識創造 とはいうものの
正答やモデルなき時代はもう始まっている。既成のものをつかうことに慣れたとき、ゼロから思考はなかなかむずかしく、しばらく戸惑いもある。でも大丈夫、人はだれもがもともとはクリエータ。
………………………………………………………………………
☆ 誰でもできる教育に、心は動かない
そつのないかんじ。要領のいいこと。歩留まりのいいこと。簡単にできること。間違えのないこと。誰がやっても均一にできること。まとまっていること。揃っていること。無機物だけで終始する展開……の教育には心は動かない。
………………………
いま書いている新刊の「課題解決力のプロセス、育成」のページから。
………………………………………………………………………………………


関連「ポートフォリオ評価とコーチング手法」
http://www.amazon.co.jp/dp/4260000535
医学書院 鈴木インタビュー 2003年7月21日
http://www.igaku-shoin.co.jp/…/n2003d…/n2544dir/n2544_01.htm

図は、医学界新聞2003年4月7日
*スペルミス Does ○、図はDose ×
未来教育 「思考プロセス」こそ! 鈴木敏恵
 

未来教育 「思考プロセス」こそ!
           ・
知識の提供は教師の仕事でなく


ファシリテータ、コーチング…だけでもない
           ・
対話コーチングで顕在化する思考、思考プロセスを追う。

<断片をつむぐ…思考プロセス>       
学生がうまく課題を発見できないとき、方向性を絞れないとき、視野狭窄になっているとき、情報に溺れそうなとき、解決策を見出せないとき、彼らにまっすぐ対座しポートフォリオをめくりながら「対話コーチング」しつつ、その思考の断片を紡ぐように関わり1本の筋道が現れるようにします。その学生が、何を見て、どう考え行動したのか…見るべきものを飛ばしていないのか等々。知の対話コーチングにて思考プロセスを追う。 鈴木敏恵


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.