September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

AI時代の教育  ‥‥‥人間にしかできないこと

★ 『 抱きしめるんです。』
☆ もし生徒さんがパニックになったらどうするの?と聞いたら、「抱きしめるんです。」って養護学校の先生は私の目を見て言ってくれました。その瞬間にその状況の映像が見えました。
自分でも制御できない混乱状態の心身‥もどかしさ‥それを先生が抱きしめて止めてくれたときの気持ち、目に見えるのではなく感情の共振で見える映像かな‥。
ずいぶん前に聞かせてもらったことだけど、何回も何回も思い出し心にグッときます。いま新刊『AI時代の教育と評価』という本を書いているからか、人間にしかできないことは何か、人が人に対座しその成長を支えるとき最重要なことって何かって考えるとき必ずこの映像が浮かびます。

 


━━━━━━━━━━
あと少ししたら新幹線で西に向かいます、いつも進行方向左、少しだけど海が見えるシート。ものを創造的に考えるためには無限に広がっている視界がいるから。感性こそすべてと知っているから。

未来教育の設計思想…"ハウツーの教育"との決別    鈴木敏恵

 

未来教育の設計思想…"ハウツーの教育"との決別

次々に新しい教育や手法を導入するその前にハウツーの教育との決別がいるとつよくおもう。その意味や意図を考えようとすることで普遍的な力が身につくのだから。

空港を見るといつもそこにある秩序のしくみに目が釘付けになる、どれだけのシステムや技術や戦略や段取りや情報の共有、約束ごと、無数の人間がこの何気ない全体機能を動かし命を与えているのかと、そして一人ひとりの先を読んだ気づく力がこの平穏を維持させているのかとぐっとくる。

1234>|next>>
pagetop