鈴木敏恵の未来教育ポートフォリオ

「意志ある学び」を叶えるプロジェクト学習や対話コーチング、ポートフォリオ。…創造性のある未来をかなえる哲学など未来教育の知的活動や新しい情報をお伝えします。http://www.suzuki-toshie.net/
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
★ アクティブラーニングの向こうに ‥AI 時代の教育

★ アクティブラーニングの向こうに ‥AI 時代の教育/ファクト(事実・状況)からの情報獲得力を磨く

 

☆ その能力・感性‥鋭敏なセンシングと繊細なタッチングで「どう世界を認識できるか」AIロボットはどうなのか? 私たち人間はどうなのか?

☆ 人間の身体は一つの完璧な世界、オリジナルな宇宙。実物そっくりのカタチ、関節、サイズ、表情、口腔、喉の構造、柔らかい皮膚、髪、疼痛レベル‥‥を持つ『教育用生体モデル』へ本気の眼差しとプロの笑顔で声をかけ、能力、スキル、心を磨く看護の学生や新人が今この時も近くにいる。

 


 

☆ タッチング、人に触れて得る唯一の大切な情報‥‥プロたちは触れるだけで膨大な情報を得る。そこに要るのは、正確な知識と高度な能力、ナイーブなスキルとすべての人の尊厳を忘れない高い心。

 

☆ どこでも生体モデルは親しい名前をつけられとっても大事にされています、ともに学ぶ仲間の一人扱い?、なんだか幸せそう、見てて胸にグッとくる!だから私もちゃんと挨拶をして尊厳もって接しました

 

☆ 究極シミュレーション教育、未来の教育の鍵がここにある。 

 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
新刊「AI時代の教育と評価」原稿6章より
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

 

アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ 
https://www.amazon.co.jp/dp/4260023853
プロジェクト学習の基本と手法
https://www.amazon.co.jp/dp/4316803506

アクティブラーニング  オンライン講座( プロジェクト学習 ポートフォリオ評価) 鈴木敏恵

■ アクティブラーニングをこえて‥‥未来教育オンライン講座


プレス資料
https://open.netlearning.co.jp/info/20151118.aspx

この講義は < 無料で学べるオンライン大学講座/ JMOOC公認OpenLearning, Japan >において2016年1月〜2月の期間に講義(全4週間)提供されたものです。『アクティブラーニングをこえて/ここから見える未来教育』は、いつでも、誰でも、無料で活用することができます。

 

未来教育オンライン講座
http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/

 

 

http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/

 

いつでもどこでも無料で学べる『未来教育オンライン講座/ここから見える未来教育』

 

 

<4週間講座>

Week 1 プロジェクト学習の基本と手法                 

https://www.youtube.com/playlist?list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG

Week 2 プロジェクト学習の実践——課題発見から解決まで(大学)     

https://www.youtube.com/playlist?list=PLi18SZsO7-R-l55E2SH5olS73TTc_9uUB

Week 3 課題発見コーチング・ポートフォリオでリフレクション      

https://www.youtube.com/playlist?list=PLi18SZsO7-R8Evez1Rynjn8AJ3vdkaijl

Week 4 未来教育プロジェクト学習実践と導入とキャリアカリキュラム   

https://www.youtube.com/playlist?list=PLi18SZsO7-R-uU96TOXBj_eyzViNBsRDD

 

<テキスト>

『プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力が身につく』 教育出版
https://www.amazon.co.jp/dp/4316803506

『アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ』医学書院
https://www.amazon.co.jp/dp/4260023853

キャリアストーリーをポートフォリオで実現する   日本看護協会出版会
https://www.amazon.co.jp/dp/4818018414

 

<シラバス・講師紹介・実践者紹介>
https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00017J11

<PV>

https://www.youtube.com/watch?v=WRdwrigmkPI&index=1&list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG

 


                   講 座 内 容


 

【Week1  プロジェクト学習の基本と手法                                    

Lesson 1   新しい時代―教育の設計思想カリキュラム  11:08                 .

https://www.youtube.com/watch?v=xVpiueOS8NY&list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG&index=2

1) 次世代教育のビジョン「3つの哲学」

2)アクティブな教育を実現する5つの設計思想    

3)「創造的な思考」をかなえる3つの教育手法

4)意志ある学びでアクティブラーニングを!

5) ふたつのPBLの違い「未来教育プロジェクト学習とは」

6) 自ら課題を発見してビジョンを現実にするプロジェクト学習

 

 Lesson 2   プロジェクト学習の基本と手法       12:32  

https://www.youtube.com/watch?v=hqLz_ECi6L4&index=3&list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG

1) 未来教育プロジェクト学習とは

2) プロジェクト学習とポートフォリオの関係

3) 「元ポートフォリオ」と「凝縮ポートフォリオ」

4) プロジェクト学習の基本フェーズ

5) プロジェクト学習の基本フェーズで身につく力

6) プロジェクトのフィードバック

7) プロジェクトは「現実」と対座する学習

8) 「創造的な思考」プロジェクト学習7つの条件

 

 

Lesson3  ポートフォリオと対話コーチング  16:36                     .

https://www.youtube.com/watch?v=8sLQdUSXiGQ&list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG&index=4

1) ポートフォリオの基本

2) アクティブラーニングに有効な「ポートフォリオ評価」 

3)ポートフォリオの効果・活用

4)ポートフォリオ作成の3ルール

5)ポートフォリオ8つの機能

6)メタ認知/主体的な学びを実現するセルフコーチング

7) コーチングとは

7) コーチングの基本と考え方「自問自答・試行錯誤の大切さ」

8) 「アクティブ(活動)」と「身につく力」と「コーチング」

9) 指導の変化「これまで教育」から「これから未来教育」へ

10) 新しい教育の方向ーこの「世は知の果樹園」自分から知に手を伸ばす!

 

Lesson4    様々なプロジェクト学習の成果物・ゴールシート     08:22

https://www.youtube.com/watch?v=FHvd-ZSocjw&list=PLi18SZsO7-R_uZCgohpC2BqZDZpLZV8yG&index=5

1) いろいろなプロジェクト学習ーー ポートフォリオの種類と目的

2) 実物「健康ポートフォリオ」

3)  実物「テーマポートフォリオ」

4)  実物「パーソナルポートフォリオ」

5)  種々「プロジェクト学習の知の成果物」紹介

6)  ゴールシートを書いてみよう!例

  「図書館活性化プロジェクト」

7)  大学生の声「プロジェクト学習を体験して感じたこと」  

 


【Week2】  プロジェクト学習の実践——課題発見・現実からの情報獲得(大学)           

 

 Lesson1 フェーズ1・2 「課題発見」から「目標設定」     11:34              .

https://www.youtube.com/watch?v=rjpoHDI3-as

1)  プロジェクト学習のシラバス/講義全体を俯瞰してスタート!

2) 「課題解決」の思考プロセスとセルフコーチング

3)「課題決定」の手順 ‖蟶爐侶茲疂

4) 「課題決定」の手順◆々弩ダがアクティブにさせる

5)「課題決定」の手順 ポートフォリオに情報を一元化

6)  チームビルディング/チームの目標決定

 

 Lesson2  フェーズ3・4 「戦略的な計画」「情報・解決策」  08:41          .

https://www.youtube.com/watch?v=dCzNbswCNTY

1)「現実にできる力」を身につける

2)  戦略的に「計画」することで成長する   

3) 課題解決「現場からアンケート」評価の観点「現場から情報を集めて解決策を考え出せる力」

4)  課題解決「手に入れたデータを可視化する」評価の観点「思考をわかりやすく表現できる力」

 

 

Lesson3 フェーズ5・6 「プレゼンテーション」「再構築」   10:57            .      

https://www.youtube.com/watch?v=JNKj6lINEMQ

1) 評価の観点「プロッジェクト学習のプレゼンテーション」

2) 「プレゼンテーション」直前コーチング

3) 「プレゼンテーション」で終わらない「再構築」をする

4) 『知の再構築』の条件   

5) 「まとめる」と「再構築」は違う

6) 「再構築」コーチングで確かな成果

7)  学生相互:「評価しあう」ではなく「もっとよくなる工夫を伝えあう」

8)  学生相互:意欲が湧き上がる「すべてのものはもっとよくなる」

9)  学生相互:資質発見カードでキャリアビジョンにつなげる 

 

 Lesson4  フェーズ7・8 「成長確認」 19:37                   .

https://www.youtube.com/watch?v=e5fiwvd8kWU

1)  総括的な評価の対象としての「提出内容」

2)  なぜ「元ポートフォリオ」を評価しないか

3) 「凝縮ポートフォリオ」を評価する

4) 自分の経験を価値化する「ポートフォリオ軌跡シート」

5) 「成長報告書」の書き方/すべてのものから人は学ぶことができる

6) 「凝縮ポートフォリオ」の評価の方法

7)  評価とは、価値を見出すこと

 


【Week3】 課題発見から課題解決思考プロセスとコーチング ・ リフレクション      

  

Lesson1 「考える力」のためのクリティカルシンキン  07:27               .

https://www.youtube.com/watch?v=-uPJkK90k1M

07:27

1)  「考える」とはどういうことか

2)  クリティカルシンキングへのコーチング

3) 現状をつかむコーチングでポートフォリオが潤沢になる

 

Lesson2 ポートフォリオで成長へのリフレクション     09:34                  .

https://www.youtube.com/watch?v=I7cwWXnPEGU

1) ポートフォリオを活かすリフレクション

2)  成長へのリフレクション・コーチング

3) リフレーミングで発想を広げる

 

 Lesson3   課題解決の思考プロセスとコーチング     09:38                    .

https://www.youtube.com/watch?v=ewHnhBl8RQc

1) 「課題解決の思考プロセスとコーチング」シートの説明

2)   「課題発見」のコーチング

3) 「要因を考える」思考プロセス

4) なぜ「書き出すこと」が大事か

5) ポートフォリオに”気づき”を入れていく

6) ポートフォリオを俯瞰して価値化する

7)思いつきではなくエビデンスを元に考える

8) 課題解決策を「具体的な提案」とする

 

 Lesson4 創造的な思考は、リアリティとイマジネーションから     19:37              .

https://www.youtube.com/watch?v=QGJCPSO_XGM

 

1)  「創造的な思考」の教育の鍵/リアリティとイマジネーション

2)  ビジュアライザーで知の共有をする

3)   アクティブラーニングを叶える「課題解決力」のイマジネーション

4)  ビデオ紹介:高校生によるプロジェクト学習のプレゼンテーション、成長の自覚/

  (文部科学省『実社会との接点を重視した課題解決型学習プログラムに係る実践研究』事業)

   京都市立伏見工業高等学校3年

 

【Week4】  未来教育プロジェクト学習実践と導入とキャリアカリキュラム       

 

 Lesson1 目標マネジメント・新人研修・人材育成へポートフォリオを活かす  04:20    .

https://www.youtube.com/watch?v=ZM-_ghmQo5c

1) ポートフォリオ・プロジェクト学習が活きるシーン/学校から社会までキャリアデザイン

 

2) 実践:医療機関「新人ポートフォリオ/一人ひとりの学びを共有するポートフォリオ」

  青梅市立総合病院看護局局長 大西潤子氏

 

https://www.youtube.com/watch?v=Xa-rqMKi6iQ  23:50

3)  実践対談:医療機関「導入を成功させる3年計画と活動紹介

  Enjoyポートフォリオプロジェクト〜自ら考え、判断し、行動するナースを目指して〜」

  順天堂大学医学部附属練馬病院看護部 岡田綾氏

 

4) 実践対談:学校組織

 「ポートフォリオで、職員のやる気と学校のチームワークがアップ!」

  島根県雲南市立木次小学校校長 若槻 徹氏

 

 

 Lesson2  意志ある学びで「主体性と自尊感情」を高める    28:34          .     

https://www.youtube.com/watch?v=Xa-rqMKi6iQ

1)  実践対談:「アクティブな学びで創造的な看護教育を!

    地域を題材にするプロジェクト学習」医療法人(社団)有恵会 

       香里ヶ丘看護専門学校  副学校長 濱田眞由美氏

2) アクティブな学生を実現する看護教育

  「ねがい(意志)があるから主体的に活動できる」

3) 「教科書」を活用する学生になるプロジェクト学習

4) 「意志ある学びプロジェクト学習の導入プロセス/学生も教員もチャレンジの日々

5)  実習でポートフォリオを使う効果と研修のあり方

6) 実践対談:「総合的な学習はプロジェクト学習で成功する!〜自分を好きになるという成長〜」

       愛媛県西条市立丹原小学校長 安藤宏幸氏 

7)  現実に「知識を活用する力」

8) 学生同士のテーマが重なっても大丈夫

9) 「プロジェクト学習で子どもが大きくアクティブになった!」 

10) 子どもの自己評価から見える価値あること

11)   学習意欲の前に‥‥「自尊感情こそすべて」

 

 

 Lesson3  キャリアポートフォリオを実習・インターンシップに活かす     24:53   .

https://www.youtube.com/watch?v=ztS9y_o1vrQ

1)  「研修ポートフォリオ」ゴールシートに目的を書いていく

2)  「実習ポートフォリオ」インパクトシートを入れる

3) 「学生が意欲が湧く」指導者用インパクトシート

4) 実践対談「薬学部学生の実務実習にポートフォリオを活かす

     学生・実習指導者・教師をつなぐ実習ポートフォリオ」

    東京勤労者医療会 東葛病院 診療部 事務局長 藤井基博氏 

5) 新しい薬剤師のあり方と学びーコミュニケーション力が鍵

6) ビジョンとゴールの例

7)  実習における「患者さんとのやりとりで学生の戸惑い」

8) 「どうすればいいのか」具体的に伝わる「言葉」「行動」の表現を盛り込む

9)  医師、看護師、教師も見に来てくれた実習成果のプレゼンテーション

10) 実習ポートフォリオから見える学生の成長

11) 何のために実習へ行くのか、誰のために病棟へ行くのか

12) 成長報告書/実習ポートフォリオに入っていない、大切なもの

 

 

 Lesson4 課題発見力・判断力・行動力を高める「防災・避難」を題材にしたプロジェクト学習 19:05

https://www.youtube.com/watch?v=_gZgBuJ5TyQ

1)  実践対談: 特色ある教育/文部科学省事業「スーパープロフェッショナルハイスクール事業(SPH)」指定/埼玉県立常盤高等学校 教頭 秋山淳氏

2) プロジェクト学習で実現する「生涯学び続ける力」

3)  主体的に自分たちで学び始めた学生たち

4) 防災プロジェクト学習「そばにいる大切な人を守りながらの避難を提案」

5)  課題発見力、課題解決力が身につく「リアリティのある題材」

6) リアリティのある根拠で「学生が自ら動きだす」

7)   「思考力、判断力、行動力」を身につけるプロジェクト学習

8) ビデオで説明:現実と向き合い「実証を得ようとするアクティな学生」

9)地域の方や専門家を招き「公開プレゼンテーション」する価値

10) 地域に開かれた学校をかなえるプロジェクト学習

11) 科学的思考で判断力を身につける

12) プロジェクト学習をしたくて入学を希望する若者

 

 

Lesson5  カリキュラムデザインとキャリアデザイン      12:21           .

https://www.youtube.com/watch?v=cKBjkV-PMWQ

1)  カリキュラムデザイン「教科とプロジェクト学習」の関係

2) カリキュラム全体を「ビジョンとゴール」でイメージする

3) 知識やスキルをINして、プロジェクト学習で”アウトカム”する教育設計

4)  「身につく力」を分けて考える

5)  カリキュラムデザインはビジョンを描くところから!

6) 一人ひとりキャリアデザイン/人生でありそうなシーンに役立つポートフォリオ

7) 選択のシーンに役立つポートフォリオ

8)  一段一段成長する時、チャレンジする時

9) スキルや資格だけではない大切なものもポートフォリオへ!

10) キャリアポートフォリオに入れるもの

11)  ひとりの人としての未来ビジョン

12) 次世代教育の設計思想

13) さあ「夢をかなえる学び」 プロジェクト学習を始めよう!


 

 

■ 参考図書

 

書名『プロジェクト学習の基本と手法―課題解決力と論理的思考力』教育出版
                 http://www.amazon.co.jp/dp/4316803506

 

書名『キャリアストーリーをポートフォリオで実現する 』日本看護協会出版会
                  http://www.amazon.co.jp/dp/4818018414

 

■ プロジェクト学習・ポートフォリオ情報

http://www.suzuki-toshie.net

 

■ プレスリリース

https://open.netlearning.co.jp/info/20151118.aspx

 

 

■ シンクタンク未来教育ビジョン

http://pbl21.heteml.jp/vision/

 

アクティブラーニングを超えて ー プロジェクト学習の成果は地域へ / 鈴木敏恵
★アクティブラーニングを超えて ー プロジェクト学習の成果は地域へ ★ 
『地域の課題』を学生たちが見出し解決を提案プレゼンテーション+ その未来性を少し地域の方へ私もお伝えした。愛媛にて未来教育プロジェクト学習の公開プレゼンテーションの様子。
未来教育オンライン講座
http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/
※このオンライン講座は『JMOOC公認プラットフォーム/OpenLearning, Japan』において収録・講義(2016)されたものです。
http://www.suzuki-toshie.net/
- | 01:58 | - | - | - | - |
アクティブラーニングを超えて‥AI vs人間「どう世界を認識するか」

★  アクティブラーニングの前に‥「どう世界を認識するか 」

 
☆ 想像力のかたまりみたいだった小学生のころ自分の指も筆箱の鉛筆も一本一本が人に見え会話もできた、隣の子に怪訝な顔をされ誰もがこんなふうに世界が見えているわけじゃない、私が見える世界とほかの人が見える世界は違うと知った。

☆ いま 拡張現実(AR)・ロボットの接触覚センシング・バーチャル リアリティ(VR) の時代、それらは共通して、どう外界を認知できるのかにその可能性を秘めている。人工知能(AI)はどこまで世界を認識するのか、 人間はどうなのか。

☆ 私たち人間は一人ひとり見えている世界が違う、「どう世界を認識しているか」はみな違う、見えているものが違ければ、考えていることも連想することも違う、だから自分以外と話すと互いにワクワクする。人と人で、知の共有、知の触発,そして知の共創‥アクティブラーニングの価値はここにかかっている。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
新刊「AI時代の教育と評価」原稿7章「ここから見える未来教育」より
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

プロジェクト学習の基本と手法
https://www.amazon.co.jp/dp/4316803506

 

 


 いま「AI時代の教育と評価」の本を書いている、朝から夜まで一日中考えている未来教育のこと。
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

- | 23:34 | - | - | - | - |
『 アクティブラーニングの評価 』の考え方

『 アクティブラーニングの評価 』の考え方

「目標」と照らし合わせて「評価」する、それが評価のセオリー。
意志ある学びープロジェクト学習は、自ら目標を立てることからスタートします。目標をゴールシートに書き、ポートフォリオの最初のページに入れます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
アクティブラーニングの評価は、アクティブか?を評価するのではなく、「ゴール」へ向かい、どう考えているか、考えるために必要な情報を獲得しているか、その判断にエビデンスはあるか? 戦略的に考えているか(=アクティブシンキング)を評価します。

アクティブラーニングの評価は、アクティブな活動でなく、アクティブな思考を評価します。その思考は課題解決のセオリーをおさえているか、という意識でポートフォリオをめくります。中身と中身の関係や関連を確認しつつ、学習者の思考プロセスを追います。

 

 

 

 

新刊『 AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンギングへ』5章原稿より
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf 

- | 23:06 | - | - | - | - |
アクティブラーニングをこえて‥‥アクティブシンキングを叶える『ゴールシート』

アクティブラーニングをこえて‥‥
島根県立松江北高等学校。『地域』をステージに、意志ある学びプロジェクト学習。ワークショップ、講義後も真剣にたくさん質問などしてくださる真摯な先生方でした、質問してくださると私もそこからまた深く考えることができます、感謝です。

 

課題解決アクティブラーニング/プロジェクト学習の『ゴールシート』が意志ある学びを叶えます。ダウンロードできます、お役立てください。→ 

 

http://www.toshie-suzuki.net/14chiba/33goalsheet.pdf

http://www.igaku-shoin.co.jp/prd/act/goalsheet.pdf

- | 12:23 | - | - | - | - |
アクティブラーニングをこえて‥‥自ら考え、判断、行動できる学生

学生たちが「今日、こんなふうにする予定です。」と私が到着してすぐに自分たちの考えた進行、提案を勢いよく伝えに来てくれました。そのアクティブさ、その完璧な内容、明瞭な話のもっていき方に感心して思わず笑顔になります!

 

「意志ある学びープロジェクト学習」を経験すると学生は自信を高め自立します。
 学生たちが自らすべきことを考え、どんどんアイディアを出し実現への段取りまでするようになるから教師や指導者はラクになります、その時間と人手、労力を、さらに未来志向で戦略的に、次世代教育のアーキテクチャ(設計思想:構成要素、共通仕様、基本設計など)を生み出す時間に使うことができる。
https://phio.panasonic.co.jp/kango/topics/pdf/160823.pdf

 ポートフォリオ推進委員会メンバー「松看egg's」たちと
パナソニック健康保険組合立松下看護専門学校にて

- | 21:20 | - | - | - | - |
『アクティブラーニングをこえて‥‥未来教育=学校をこえてリアルにつながろう!プロジェクト[1] 』2002年

経済や効率性、合理性の追求であればAI の時代に人の存在の価値は薄れる、でも人生の価値、素晴らしさが、愛おしいものとの出会いにあるとすれば、私たち人間のやわらかな感性、揺れる心、果てない夢を抱ける私たち人間は輝き続ける。

 

『アクティブラーニングをこえて‥‥未来教室=学校をこえてリアルにつながろう!プロジェクト[1] 』2002年に実施。

 

心をつなぐIT活用授業/島根の小学生と岡山の高校生の遠隔授業のプロジェクト学習「命を見つめる・・奇跡のIT活用!」。TV会議システムでバッチリ打ち合わせを重ね、私は「特急やくも」で、小学生から高校生へのプレゼントもって島根→岡山へ移動しました。小学生達は、牛の世話をする高校生のお兄さんたちへ白いタオルを渡してって私へ預けてくれた、受け取った高校生はすぐに!それを首に誇らしそうに巻いて、島根へ映る遠隔カメラの前に立ったんだ。ITは素晴らしい、でもリアル、現実がやっぱり素晴らしい、でも遠隔をリアルにつないでくれるネットや映像は本当に価値が有る。それを誰より私知っている気がする。AIもITもAR(Augmented Reality)もIot(Internet of Things)もその日常化楽しみです、それと現実をどう合わせて教育をデザインできるか、ここが鍵。

 

‥‥誰にプログラミングされなくても内から湧き上がる思い、願い、それを現実にすることができる教育=未来教育プロジェクト学習。なんて楽しいことをしているのか、素晴らしい人生なのか、シアワセ者の鈴木敏恵です、学校の先生、子ども達、お力くださった企業のみなさん、いい企画だねって賛同してくださった教育委員会のみなさん、文部科学省のみなさんありがとうございました。あれから14年経てインフラもテクノロジーも進化した今、教室の中のアクティブラーニングをこえて気軽に自由にもっともっと楽しい未来教育が広がればいいな!
http://www.toshie-suzuki.net/it/usi_hp/index.htm
『文部科学省・総務省連携プロジェクト』先進的教育ネットワークモデル地域事業企画評価委員、次世代IT活用未来型教育研究開発会議委員会として実施(2001〜2005)。

 

 

 

新刊「AI時代の教育と評価」7章/「生きているときに愛おしいものにどれだけ出会えるか‥‥こそ」‥‥ネットで未来教育エピソードより

- | 22:48 | - | - | - | - |
『アクティブラーニングをこえて‥‥未来教育=学校をこえてリアルにつながろう!プロジェクト[2] 』2002年

2002年 島根の小学校と岡山の農業高校をネット中継、先端的な農業のすごさ、魅力を高校生が小学生に眩しく伝えてくれました! 14年前に継続的に行ったプロジェクト学習です。広大な農業高校の敷地を中継車で移動しつつインターネットで高校生とともにライブで島根の小学生とやりと りしつつ伝えました。小学生へ何をどう伝えるか企画や演出を高校生たちが考えました。小学生より鈴木が先に感動、感心しまくりでした!。
構想&サポート:未来教育クリエータ 鈴木敏恵。
http://www.toshie-suzuki.net/it/live2/index.htm

 

 

 

 

 

 

 

新刊「AI時代の教育と評価」7章/現実と生命と対座する教育の大切さ‥‥ネットで未来教育エピソードより
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

- | 13:16 | - | - | - | - |
アクティブラーニングをこえて‥教室をこえて、未来教育2002

私たち人間は、AIやロボットと違い、この世をいずれ去る日が来る。だからこそ人は愛おしい気持ちを人や花へ抱くのではないか、懸命に生きたいと自らの成長を求めるのではないか。アクティブラーニングをこえて‥教室をこえて未来教育2002 ーーネットで毎日つなぎっぱなし農業高校の牛舎に据えた定点カメラで様子が岡山の農業高校から島根の子ども達に「魔法の窓」みたいに映像でずっと見える魅力的なプロジェクト学習。高校生が大切に世話してた牛マダワスカの死について、TV会議システムで小学生たちへ話してくれました。高校生ありがとう、牛たちありがとう、大切なことを考えさせてくれてありがとう、現実からこそ私たちは学び成長することができる。次世代教育の鍵はリアル、現実のなかにこそにあると知る。
『解剖されるのが痛々しかった。(略)そのまま安らかに眠らせてあげてもいい。と思うが、解剖することで、他の牛も同じ結末にならないよう、対策が打てるかもしれないというのも一理あると思う。世の中、いろいろ難しいものかもしれない。他の動物たちもきっとこんな風にバラバラに解体され、燃やされるだけなんだなあと思いつつ、せめて知った自分たちだけでも、天国に逝けるよう、祈ろうと思う。』イラストとともにネット掲示板より
http://www.toshie-suzuki.net/it/usi_hp/index.htm

 

 


新刊用「AI時代の教育と評価」7章/現実と生命と対座する教育の大切さ/予定原稿より

Check
- | 13:10 | - | - | - | - |

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.