May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

未来教育 プロジェクト学習&ポートフォリオ 研修  「 未来シミュレーションワークショップ」とは‥  鈴木敏恵

「未来シミュレーションワークショップ」とは‥

シミュレーションとは、問題解決のためのひとつの手法。
起こり得る状況を予測、計画策定などのために現実モデルを想定し種々試みること。
「未来シミュレーションワークショップ」とは、これから自分たちの未来に起こり得る対処困難な状況をリアルに予測しそこにいるすべての人にとってハピネスな状況を考え出すワークショップ。

 プロジェクト学習の手法で行うことでよりリアルな課題解決のアウトカムをチームで生みあげることを可能とする。

プロジェクト学習で身につく「価値あるもの」を世の中に生み出す力  鈴木敏恵

なぜ、AI時代の教育ープロジェクト学習なのか

 

 

<プロジェクト学習で身につく「価値あるもの」を世の中に生み出す力>

 

プロジェクト学習で 身につく力

 

プレゼンスキル というようなものでなく‥‥

 

「価値あるもの」を世の中に生み出す力

 

「価値あるもの」はとは これまでなかったもの

 

これまでなかったものを生み出すためには

 

「調べた知識」や「プレゼンスキル」ではない

 

それは手段にすぎない

 

 

大事なのは、”これまで”にこだわらない発想と

 

現実への行動力

 

発想と行動力

 

ゆめゆめ「提言力」でなく

 

 

 

だからAI時代の教育ープロジェクト学習

 

 

 

生きるということは ‥   鈴木敏恵

生きるということは、何かを求めて、求めて、そこへ向かう感じ

 

絵を描きたい

 

空を飛びたい

 

泳ぎたい

 

作品を作りたい

 

歌いたい

 

心を捉えて離さない何か

 

 

天才って‥ 瞬間しかない 時間     鈴木敏恵

アーティストや天才は 完全な自分の世界に生きているから

世の中を見るとき、軽くショックを感じてる

あ、変わっている、って 浦島太郎 の気持ち

 

人類始まって以来のチャンス  1997年     鈴木敏恵

1997年4月24日 インタビューに応えて
■ 教師、教科書だけが情報源だった時代は終わった
■教師はインスタラクターからファシリテータに
■教室でマクロ、ミクロ「地球」「虫」が見えるように
■人類始まって以来のチャンス/教師もいいとか悪いとかいう前に自分の経験だけにとらわれずに、まず知ろうとしないとおいおいですよね、って、、
‥‥‥‥
ポートフォリオの中の、この鈴木敏恵、一生懸命だった、命もちろんかけてた。今もそうでありたい。
    .
『能ある鷹は爪を出せ、出してこの世の役に立て』
みんなのよき未来のために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんだか涙溢れます‥‥夏に新しい本、出ます、46冊目。
(NYで買ったジャケット着てる)

画像に含まれている可能性があるもの:鈴木 敏恵、スマイル

プロジェクト学習とは        鈴木敏恵

 

 

◆ 次世代プロジェクト学習(プロジェクト学習)とは

 プロジェクト学習とは、学習者自身がビジョン、ミッション、ゴール=「何のために、何をやりとげたいのか」を明確にして向かう次世代教育。

プロジェクト学習の最大の特徴は、学習のゴールに他者に役立つ「知の成果物」を生み上げることにあります。

 

 

 

 

 

文部科学省の 審議会などで           鈴木敏恵

文部科学省の審議会などでご一緒させていただいた

明石要一先生 (千葉敬愛短期大学学長 千葉大学名誉教授)

辻村哲夫先生( 公財 学習情報研究センター理事長/元文部科学省初等中等教育局長、東京国立近代美術館館長、独立行政法人国立美術館理事長)

永井順國先生 (政策研究大学院大客員教授 

とは本当に久々にお会い、皆さん、子どもたちや現場で頑張っていらっしゃる先生方のことを以前以上に考え、思いやり、話は尽きませんでした、うれしい時間をありがとうございました!

 

 

ロボホンが写真を撮りました

 

キャリアストーリーを ポートフォリオで実現する 増刷決定 3刷 鈴木敏恵

増刷決定 3刷

   .

『キャリアストーリーをポートフォリオで実現する』

   .

本当にありがとうございます! 

アマゾン

https://amzn.to/2VV0Pzm

AI時代の教育   win-winとかコスパとかとではなく    鈴木敏恵

そこには、win-winとかコスパとかとまったく違う価値観で動く人たちがいる
        
AI時代、人はどうありたいか、教育は何を目指すのか‥
AIやロボットでは叶わない、人間だからこそ果たせる大切なことは何かを私に教えてくれた 大好きな人たち。
         
機微に聡く、一人ひとりへ自ら近づき笑顔で励ます、ときに黙ってただ隣に座る。エビデンスと直感でリスクを予見する、もっと成長したいと学び続ける‥‥この人たちにポートフォリオが広く受け入れられていること必然と思う、なんかすごく誇りに感じる

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新刊 コラム

未来教育 in 北海道  プロジェクト学習 ポートフォリオ  鈴木敏恵

 

1年生たち「誰かを助けることができる人になりたいんです」この笑顔、かわいいなーって思うのとあなたたたちへの敬意で‥胸にぐっときます!
.
リハビリテーション大学です、プロジェクト学習、ポートフォリオ未来教育。
1日一緒、楽しかったよ!ほんとみんな優しくしてくれてありがとう!

画像に含まれている可能性があるもの:5人、鈴木 敏恵さんを含む、、スマイル、クローズアップ

AI時代の教育‥ 「本質や普遍性」を冴えざえと見る力    『矩計図』     鈴木敏恵

■AI時代の教育‥ 「本質や普遍性」を冴えざえと見る力

.
違う構造の『矩計図』‥木造と鉄筋コンクリート造、鉄骨構造などの設計図をかいた経験が
が物事の本質や普遍性を私に教えた


.
矩計図にはすべてがある‥‥本質や普遍性がある
.
建築物の『矩計図』、木造建築・鉄筋コンクリート造・鉄骨構造の設計図をかいた経験が物事の普遍性や本質に私に気付かせた。部材や構造はまったく違うのに、求める機能(水の侵入を防ぐとか、端部の収まりとか、接合部の考え方とか)(どうやって接合させれば求める性能を発揮させられるかとか)は同じ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新刊 コラムより

12345>|next>>
pagetop