鈴木敏恵の未来教育ポートフォリオ

「意志ある学び」を叶えるプロジェクト学習や対話コーチング、ポートフォリオ。…創造性のある未来をかなえる哲学など未来教育の知的活動や新しい情報をお伝えします。http://www.suzuki-toshie.net/
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンキングへ‥‥未来を描くプロジェクト学習

AIは、膨大な過去のデータから問題解決を得意とします。しかし問題解決だけでは 未来は来ません。私たち人間は、未来へ夢を描きます。人間は誰にプログラムされなくともありたい未来へ思いを馳せその実現へ、他者とともに知と力を尽くしそこによろこびを覚えます。

未来へ夢(ビジョン)を実現するために自らの成長を求めます。このセオリーをベースとするのが、未来教育プロジェクト学習です。

 

 

プロジェクト学習は 目の前の現実を見て、ビジョンを描く力が身につきます。 

『AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンキングへ プロジェクト学習とポートフォリオ活用 』2016秋出版 著者:鈴木敏恵

http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

 

 

 

『未来教育オンライン講座』

http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/

- | 14:33 | - | - | - | - |
アクティブラーニングをこえてープロジェクト学習は現実から課題発見する

アクティブラーニングをこえて
【プロジェクト学習のステージは現実】
目の前の現実から気づき、自ら考える 学習者を目指す。
●公園を見て‥「なぜその公園は利用されてないのか?」
●道を見て‥「避難の時、車椅子の人はこの坂を一人で進めるのか?」
●里山を見て‥「今年の春は、何かがこれまでの春と違う‥‥‥」
●地域を見て‥「ゴミを捨てられる場所に共通することは何だろう?」
●河川を見て‥「東京の川とうちの町の川と同じ生物はいるのか?」
<未来教育オンライン講座>
http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/
http://www.amazon.co.jp/dp/4260023853

 

 

 

 

- | 20:40 | - | - | - | - |
アクティブラーニング動画講義 /課題解決プロジェクト学習 <未来教育オンライン講座> 

<未来教育オンライン(無料)講座> ポートフォリオ・プロジェクト学習・課題解決の方法−−授業や研修で使えます。

 

【Week 1 】プロジェクト学習の基本と手法 
【Week 2 】大学におけるプロジェクト学習/実践対話
【Week 3 】課題発見から解決までの思考プロセスとコーチング/ポートフォリオを活かしたリフレクション
【Week 4 】実践事例:組織・小学校・看護教育・薬剤師・高校へ導入とキャリアカリキュラム

情報:
https://open.netlearning.co.jp/info/20151118.aspx

https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00017J11

 

参考:

http://forests.ouj.ac.jp/ouj-f281/dt-23123.html


http://www.mm-miraikyouiku-onlinecourse.com/

(この講座は『JMOOC公認プラットフォーム/OpenLearning, Japan』において収録・講義 されたものです。)

アクティブラーニングを超えて/ 次世代教育ー4つの修得知モデル

未来教育4つの修得知モデル

インターネットの日常化、AI(人工知能)時代の到来を前に世界中が「知識を教えない教育」「正解のない問題に自ら向かえる力の教育」へと変わろうとしています。多くの知識や情報を誰もが自由に得ることができるからです。みんな揃って黒板に向かい先生から知識を与えてもらうのが当たり前だった教育が終焉を迎える日もそう遠くないかもしれません。新しい教育では何をどう修得すればいいのか。ここに応えるものとして生みあげたものが「未来教育—4つの修得知モデル(図)」です。

 

http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

 

- | 14:24 | - | - | - | - |
新刊「アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ」

8月15日  新刊がカテゴリーベストセラー1位 

 

新しい本「アクティブラーニングをこえた看護教育を実現する: 与えられた学びから意志ある学びへ 」
鈴木 敏恵 
http://www.amazon.co.jp/dp/4260023853

が アマゾンの看護教育のカテゴリーで1位と出版関係から教えてもらいました。みなさんのおかげです、ありがとうございます。

- | 16:18 | - | - | - | - |
最近、胸にグッときたこと‥‥

最近、胸にグッときたこと、「未来は少ないかもしれませんが、高齢者看護でお年寄りを幸せにする看護を目指します。」とあたたかくキリッとした毅然とした 覚悟さえ感じるメールをいただきました。高齢者が圧倒的に多い病院の看護部長さんから。未来の時間の多さでも、必ずしも完治を目指すことでも、まして合理 性の追求でない世界がそこにある。この10年、私は看護師さんたちからどれだけ人間として価値あることを教えていただいたことか‥‥看護師さんに会えな かったら今日の私はありません。そしてここにこそAI時代の教育や評価を考える要がある気がしています。人間は人間として何を拠り所に生きるのか

 

 

━━━━━━━━━━
『AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンキングへ/プロジェクト学習とポートフォリオ評価―与えられた学びから意志ある学びへ』2016秋出版
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

- | 16:16 | - | - | - | - |
アクティブな未来の教育を

こんなアクティブな未来の教育をと「心を開く知の環境へ」と小学館から1996年に出版した本に描いた絵。20年のときが流れいま世の中に叶ってきたきが する。いのち込めて未来の教育、設計してきたかいがある。だんだんと教育への夢が叶ってうれしい。教育こそが未来の源だから、だから AI 時代の教育の本、書いている。


━━━━━━
『AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンキングへ/プロジェクト学習とポートフォリオ評価―与えられた学びから意志ある学びへ』2016秋出版

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.suzuki-shie.net/shinkan2809.pdf

 

- | 16:12 | - | - | - | - |
この知の果樹園

つい最近うれしかったこと、その1 私が『 この世は 知の果樹園 』って言ったら、目の前の学生がまっすぐ私を見てうんって頷いてくれたこと。13873191_620944291417310_1174244676803198358_n.jpgここに本文を記入してください。
 

13932846_620945004750572_1211667883067857154_n.jpg

 

- | 16:08 | - | - | - | - |
ここから見える!未来教育 プロジェクト学習フェーズ

ここから見える!未来教育‥‥‥

Theory1.「俯瞰」の価値を知る → Theory2.「ビジョン」を描く → Theory3.「ゴール」を決めてロックオンする!  →  Theory4.「戦略性」のある計画 → Theory5.「現実」を変える具体的な「提案」 → Theory6.課題解決プロセスのビジュアル化   → Theory7.他者に役立つ「知のアウトカム」 → Theory8. 未来へのキャリアプラットフォーム。

13886452_621004251411314_5514809273522741415_n.jpgここに本文を記入してください。

━━━━━━
『AI時代の教育と評価 アクティブラーニングからアクティブシンキングへ/プロジェクト学習とポートフォリオ評価―与えられた学びから意志ある学びへ』2016秋出版/5章 原稿抜粋
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

- | 16:06 | - | - | - | - |
プロジェクト学習で「俯瞰の価値」を知る

「俯瞰」は、知識でも技術でもコンピテンシーでもありません。しかしそのすべてを発揮するまえに必要な意志であり姿勢です。
ゴールへぶれずに進むため学習者がその全体を俯瞰することは、必須です、ここにポートフォリオが活きます。

ここに本文を記入してください。
名称  未設定.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


‥‥‥‥‥‥‥‥‥
そこでポートフォリオを使うことが大事なのではなく、ポートフォリオを使うことで俯瞰の価値を知ることが大事なのです。/ 『AI時代の教育と評価 アク ティブラーニングからアクティブシンキングへ/プロジェクト学習とポートフォリオ評価―与えられた学びから意志ある学びへ』6章 抜粋
http://www.suzuki-toshie.net/shinkan2809.pdf

Check
- | 16:03 | - | - | - | - |

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.